FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。


総括

十人十色・大阪編(1月6日)は、もう遙か昔、2~3年前のできごとのような気がします。それでいて、1年あっという間だったような。
変化の少ない毎日を過ごしていた私には、さまざまに「濃い」1年だったようです。

翻訳以外

実家の仏壇を処分しました(私は実家の最後の人間なのです)。
来年は、実家の売却はともかく、中身をすべて処分するところまでいければ。空家になったのが2010年1月、さすがに「ひと目に曝すのどうよ」と思われるものはほとんど処分しましたので、そろそろ業者に任せてもいいかなと思っています。
面倒くさくて先延ばしにしてきた実家の処分ですが、義父母も目に見えて老いてまいりまして、「とにかく仏壇だけは」と立ち上がった2018年、来年は「とにかく中身だけは」何とかできれば。幸い来年の翻訳フォーラムは早いうちから予定がオープンになりましたので、その時期を外すべく鋭意画策中であります。

翻訳

ジツは、11月以降、仕事が減りまして、仕事がない期間が数日続くことが2~3回ありました。12月中旬以降、多少盛り返した感がありますので、一過性のものだったかもしれませんし、そうでないかもしれません。昨今の機械翻訳化+CAT使用優遇→必須の増加(あくまでも私の扱う分野ということです)と関係あるかもしれませんし、ないかもしれません。そういうことは、これまでもあったのですが、ここ数年は(こちらからお願いした場合は別として)数日打診がないことはなかったので、少なからず不安な時間を過ごしました。不安の源は、1. 収入が減る(ウチは今基本私の収入+預金切崩しで生活しています)+2. 「自分はもう必要とされていないのかもしれない」感の2つです。どちらも同程度に辛かったですね。

これまでは、そうした徴候がみられたら、すぐに自分の希望に合いそうなところを探して新規取引先を開拓してきたのですが、今回は、すぐに行動に移すかどうか迷っているうちに時間が経過し、今に至るという感じです。義実家関連のことも理由のひとつですが、これまでは、とにかくどんな形でも必要とされたかったのですけど、今は「自分がやりたい翻訳ができるところで必要とされたい」気持ちが強く、そうなると、アプローチしたいところもなかなか少なくなってまいりまして。現状、2~3社に絞って書類準備までした段階です。今メインでお仕事を頂いているところも、それなりに面白い仕事を下さるので、しばらく様子見ですが、大事にしていきたいと思っています。

で、あくまで自分比ですが、結構、勉強したり参考書籍を読んだり(しつこいようですがあくまで自分比です<念のため)できたので、それはよかったかな。

そんな風に、11月から12月にかけて少し悶々としましたが、全体を通していえば、(社員やユーザー)教育資料、パンフレットなど、個人的に「面白い」と思うタイプの翻訳もそれなりにあり、内容としては結構充実していたと思います。また、少し別の方向にも一歩足を踏み出した年でした。こちらでの新しい出会いも大切にしたいです。

また、今年は、初めて勉強会やセミナーの運営に関わらせていただきました。1月に「十人十色・大阪編」、7月に「翻訳フォーラム・大阪でもレッスン!」、11月に自分たちの勉強会の「公開勉強会」と3つの勉強会を(事務局として)開催しました。来年も年明け早々、「翻訳フォーラム・大阪でもレッスン!その2」、3月に「公開勉強会・東京編」が控えています。春以降は、いつも何かしら細かい準備をしていたような気がします。そして分かったことは、「自分、意外に事務局に向いてるかも」ということ(一緒にやって下さっている方が、私のことをどう見ておられるかは分かりませんが)。細かくネチネチと地味に事務仕事をやっつけるの嫌いじゃないです(<そこかよ)。

もともと、(翻訳に携わる年月もそれなりに長くなりましたので<年数だけは)、ブログで情報提供する以外にも、こうして自分を育ててくれた翻訳の世界に恩返しをしたい+大阪でも東京のようなセミナーができたら、と思って始めたことでした(同時期に同じ思いの事務局メンバーがいらっしゃったことは幸運であったと思っています)。「自分が体験してよかったものを全力で呼ぶ」というのがワタクシ的基本方針でして(あくまで自分はそういう風にしたいってことです)、今後、そうしたセミナーをどれだけ体験できるか分かりません(まず出かけていく必要があるので)。状況の許すかぎり、体験し、感動し、その感動を関西の同業の方とも分かち合いたいと思っています。いつまでできるか分かりませんが。そして、その間に、この流れが途切れないよう、「セミナーを開催する」ノウハウ的なものをもう少し蓄積できればと思っています。

という感じで、なんのかの言いながら、翻訳中心の生活を送ることができた1年でした。
来年は、どうなるかは分かりませんが、朝、目を覚ましてつつがない1日を祈り、夜、平穏に翻訳に向かえたことを感謝しつつ床に就く、そんな生活を1日でも長く続けられたらと思います。

昨年末は、「来年の抱負」に、
「やりたいときにやりたいことをやる」「動くときは動く」
と書いています。
世間から見ればしょぼい内容でしたが、自分的には、いちおうどちらも達成できたかなと思います。そこは褒めてやろう>自分。

来年の抱負は特にないです。
しいていえば「よく学び、よく翻訳する」
年々テキトーになっていくような気がしますが(笑)。

こちらを読んでくださる皆さんが、穏やかに幸せに新年を迎えられますように。
そして、健康で「嬉しいこと」の多いしあわせな1年を過ごすことができますように。

来年も「屋根裏通信」をどうぞ宜しくお願いいたします。
2018.12.29 23:07 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示