FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。


今号は保存版にするために購入しました。
(いつも地元の図書館に読みに行っています…スイマセン、スイマセン)

とりあえず表題の特集を読みました。一番気になっていたのは、河野弘毅さんの機械翻訳に関する記事と井口耕二さんの「道を拓く」で、おもにその2つの記事について書くことになると思いますので、最初に他の記事(一部)に簡単に言及しておきます。

● お金のこと
 執筆者は「状況は人それぞれ」として、ご自分の経験を書いておられます。お金のことって、後回しにしてしまいがちですが、最初から中長期的計画に組み入れることが大切ですよね(←組み入れてなかったヒト>なので反省をこめて)

● からだのこと(健康)
 老眼腰痛など「そのとき」がきて不自由な思いをしてから対処するより、予防に努めて「そのとき」を後延ばしにする方が、結局コストカットになると思います(切実)。大切なことだと思います。

● ITリテラシー
 「自分の翻訳スタイルをITの技術や知識をもとに説明できる」という部分に、本当はここまでできるべきなのだなと。それは、後述する、「自分で考え(て決め)る」にも繋がることではないかと思います。


さて、気になった2つの記事。

河野さんのMTに関する記事をきちんと拝読するのはこれが始めて、だと思います。これからはMTの時代になると仰りつつ、ベテラン翻訳者の言説も、MT開発者の言説もうのみにせず(「翻訳会社の言説」には言及しなくていいのかと思わないでもありませんが)、「発言者の『ポジション』に注意して話を聞く」ように書いておられること、すでに萌芽が認められる、あるいは今後台頭してくるであろうと思われるMT関連の種々の仕事を(PEも含めて)「翻訳とは呼ばないけれど、翻訳者の資質を必要とする仕事」と翻訳と分けて説明されていることなど、これはこれでナルホドと頷ける部分の多い記事でした。
河野さんが仰る「リンギスト」という仕事も、やりがいのある仕事の可能性を秘めているように思えます。とはいえ、現実は、「翻訳ではないのだから低料金でいいよね」な流れになってしまって(「時流に乗り遅れまい」を第一目的としてMTに参入する翻訳会社やクライアントが多ければそういう流れになると思います)、やりがいのある仕事に育つかどうかは不透明なような気がします。「やりがい」を感じるには金銭的評価も大事ではないかと、私は思います。
また、河野さんは、翻訳技能を磨くのがよいとしつつも、大ベテラン以外の翻訳者は、MTが使われる可能性に備えたほうがよいと仰っていますが、では、将来「人手翻訳者」となるべき若手はどう育てばよいのだろうかと考えてしまいます(この点は、次に紹介する井口さんも、ご自身のブログで憂えておられました)。未来のいつか、すべての翻訳がMTによるものになるとしても、当面、MTも人手による翻訳も両方あっての業界ではないかと思うのですが。

そして、井口さんの「道を拓く」。
おっしゃりたいことは、乱暴にまとめれば、どんな道を選ぶにしても自分の頭でしっかり考えて選ぼう、ということになるかなと思います。誰の発言もうのみにせず注意して話を聞くようにと説く河野さんの言葉とも通じるものがあるかも。
白状しますと、私は、これまでの井口さんのさまざまな発言、そのとおりだと納得しながらも、「井口さんだから言える言葉だよねー(そもそも実力が違うもんなー)」と思ったこともありました。けれど、今回の記事を拝読すると、そうしたことを言えるようになるまでに、人の何倍も(もしかしたら何十倍も)努力なさったのだということが分かります。そうやって、自分の考える道を貫きつつも、精神的にきついこともあり、最終的に頼ることはなかったものの「安全弁」を心の支えにしたとも。そこまで、赤裸々に語ってくださったことに感謝したいと思います。

私は、「翻訳事典2019-2020」について記事を書いたとき、(さまざまなことをよく理解した上で自分で選択したのであれば)「自分の選択を悔やむ以外の後悔はないのではないか」と書きましたが(そして、実際、翻訳以外でさまざまなことを自分で決めてきた私は、今ある自分を「自分で選んだのだからしょうがない」と受け入れているのですが)、井口さんは、「自分で道を選び、主体的にトライするなら、成否の判断もしやすいし、軌道修正もしやすい」ともっと前向きに「自分で選択すること」の結果を捉えていらっしゃいます。私の言い方より、もっと希望を感じますよね。そして「譲れないところは極力譲らない頑固さと、譲っていいところは必要に応じてどんどん変えていく柔軟性があれば、環境がどう変わっても対応していけるはずだ」と結んでおられます。この「譲らないところは譲らず、あとは柔軟に」は、勉強会の運営方針としてめざしているところでもあり、個人レベルでも勉強会レベルでもあてはまる内容なのかなと思います。


この2つの記事の他に、映像翻訳に関する記事では、執筆者が、プロがプロの仕事をみせなければ「ファンサブ(ファンがつけた非公式字幕)やAI翻訳でいい」「少しぐらい翻訳が間違っていても楽しめればOK」となってしまいかねないと仰っていますが、これは「(安いんだから)この程度でも仕方ない」という変形として、実務翻訳にも当てはまることのように思えます。
また通訳に関する記事には、通訳者は「通訳市場や通訳ビジネスの基本構造を理解した上で、サービス提供者としてどんな価値を提供できるか改めて考える必要がある」というくだりがあり、この部分にも深く考えさせられました。
これまでは、そこそこ力があれば、「将来のなりたい自分」をあまり強くイメージしなくてもそれなりにやってこれたかもしれません。でも、これからは、誰もが「自分には何ができるか、何がしたいか、そのためにどうするか」をもっと真剣に考えなければいけないところにきているのだと改めて思いました(「なりたい自分」をあまり真剣に考えてこなかった私にはキビしい時代です)。

特集全体を通じて、いろいろ考えさせられました。
特に「これから」という方、迷っておられる方は、「翻訳事典2019-2020」と本号を併せて読み、保存版にされたらいいのではないかと思います。
2019.02.26 22:36 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示