FC2ブログ
2019. 05. 20  

PIXAR 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話』(ローレンス・レビー、井口耕二訳、文響社)


 昨夏、本書の訳者の方と話をする機会があった。翻訳者数名のこぢんまりした飲み会で、ひたすら翻訳について語り合う贅沢な時間だった(私は幹事特権で末席に滑り込んだ)。
 その中で、訳者の方が今(つまり、その当時ということだが)翻訳に取り組んでおられる本の話になった。会話部分の訳し方についての話で、人間関係によって訳し分けるのはもちろんだが、同一人物との会話でも、関係が変化するにつれて口調が変わっていくのは当然で、微妙な変化をどう出していくか悩んでいる、というような話だったと思う。私は、すべてを吸収すべく全身を耳にして話に聞き入った。そうしながら、「訳書が出たら絶対買おう」と決心した。
 そして、今年の2月だったか、訳者のブログで『PIXAR』の訳者あとがきが先行公開され、私は「これがその本に違いない」と確信し、その足で(?)Amazonに予約に飛んだ。もともと買おうと決めていたから迷いはなかったが、そうでなくても読みたいと思わせるような、なかなか「そそられる」訳者あとがきだった。
 蛇足だが、私は、本はあとがきから読むタイプ。書店であとがきを立ち読みして購入を決めることもある。最近ではHONZなどで、解説やあとがきが公開されることも多く重宝している。ディオバンの臨床試験疑惑を扱った「偽りの薬」も、解説を読んで購入を決めた(そしてまだ階段に積ん読しているのはここだけの話)。

 閑話休題。
 『PIXAR』は「エッセー・随筆」や「映画ノンフィクション」に分類されているようだが、私の中では「ビジネス書」扱いだ。こうした書籍を自分から手に取ることは、まずない。PIXARは社名くらいしか知らなかったし、同社が製作した「トイストーリー」も未見である。それでも、本書のストーリーに引きつけられて、短期間で読破した。
 本書は、スティーブ・ジョブズが自腹を切って支えていた小さな映像製作会社が、「トイストーリー」というメガヒットを飛ばし、株式公開も実現して有名になっていく過程を描いた、いわばサクセスストーリーだ(実のところ、成功するか否かは本当に紙一重のところだったようだが)。ジョブズに請われて同社に入社し、立て直しを図った最高財務責任者(CFO)の視点でその過程が描かれている点が、これまでのPIXAR関連書とは一線を画している(らしい)。CFO視点と聞くと、地味で退屈な財務関連の話を想像しがちだが、どうしてどうして。「トイストーリー」の封切りとIPOに至る経緯を詳細に語りつつ、その2大クライマックスまで、徐々に加速しながら飽きさせず引っ張っていくストーリー展開と筆力はさすがだと思った。契約、株式公開に関する一般的な話、投資銀行の説明なども分かりやすい。著者の力量はもちろん、訳者の力量に負うところも大だと思う(決して面識のある方だから褒めているということはない<念のため)。昨夏の飲み会で話題になった内容を、「ここがそうかな」「もしかしてここもそうかな」などと考えながら読んでいくのも楽しかった。
 エンドロールの「種あかし」も心温まるものだった(その裏ではギリギリの攻防戦が繰り広げられたようだが)。著者は「ここを見るたび、私は涙ぐんでしまう」と書いており、訳者もあとがきを「そのエンドロールを見たら、私も、涙ぐんでしまうかもしれない」と結んでいる。
 今夏、「トイストーリー4」が公開される予定だそうだ。映画館にも足を運んだ本書の読者の何人かは、やはり「涙ぐんで」しまうのではないだろうか。私は――おそらく涙ぐむことはないだろうが、きっと思わずほほえんでしまうと思う(もともと映画館ではエンドロールまで見るタイプだ)。

 著者は、ジョブズと協調し、ときには宥め、そのわがまま(?)に付き合いながら、PIXARを成功に導いた。だからこそ、彼が、車でジョブズの家の前を通り過ぎながら、その家にジョブズがいて、もう一度「やあ、ローレンス、散歩に行くかい?」と声をかけてくれたならと願うラストシーンは、とても余韻の残るものになっていて、うるっとしてしまったのだった。


 翻訳の勉強にいいと言う声をよく耳にする「読み比べ」を私もやっている。『Stoner』(John Williams)と『ストーナー』(ジョン・ウィリアムス、東江一紀訳)を読み比べていて、いつ読み終えることができるか分からないくらい遅々として進んでいないのだが、この『PIXAR』の読み比べもやってみたくなった。『ストーナー』はまず英文を読み、対応する日本語訳を読むのだけれど、『PIXAR』は逆向き、つまり「どの英文がこの日本語になったのだろう」と考えながら日→英の順に読んでみたいと思っている。いつになるか分からないけれど。
NEXT Entry
翻訳フォーラムシンポジウム2019・全体総括
NEW Topics
JTFセミナー「文学作品を味わう」
One of 最上級 + 複数形と最悪について
オンライン勉強会・その後
「文芸翻訳のツボ&出版翻訳の現在」(越前敏弥)
「パンクチュエーションを読む・訳す」(深井裕美子)
「ニュース翻訳、基本のき」(松丸さとみ)
「ノンフィクション出版翻訳の素晴らしき世界」(児島修)
「辞書のつかいこなし2020」(高橋聡)
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Sayo

Author:Sayo
医療機器の和訳も9年目。
老眼腰痛、最近は膝痛とも闘いつつ
翻訳人生をまっとうしようと奮闘中。
この頃になってやっと翻訳の奥深さ・
難しさ・楽しさが分かってきたような。
記事は「翻訳一般」多め、ときどき読書感想文、本業(医療機器)やや少な目。
(2019年4月現在)

Counter
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR