FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

*翻訳フォーラムの紹介
冒頭、簡単に翻訳フォーラムとシンポジウムの紹介がありました。
● 翻訳そのものについて語り合おうという会である。
● 日頃お世話になっている辞書や書籍を紹介するとともに物販も行っている。すべて自分たちが「よい」と思ったものばかりである。
● 自分たちが先輩から教わったことを次世代に伝えたいという気持ちでやっている。その一環として、翻訳や言葉に興味のある学生に手伝いをお願いしている。

「翻訳と絵」
(深井)
言語Aから言語Bに翻訳を行うとき、情報が減っても増えても、論理展開が変わってしまってもダメである。では、書かれた情報が過不足なく翻訳されていればそれでよいのか? 
過不足なく翻訳はなされているが、原文読者と訳文読者が同じ「絵」を描くことができなかった例として、doorjambとその辞書に書かれた訳語「側柱」が提示された。4月のレッスンシリーズから、パンクチュエーション(記号)の有無で、描かれる絵が変わる例も示された。
これらの例をもって、「絵を描くことで解決できることは多い」と話を結ばれた。
(高橋あ)
卑近な例を示すのが自分の役割だと笑いをとったあと、どんな分野でも「絵」を描くことは必要だとして、ご自分の翻訳分野から2題例題を示された。(まとめ)個人的経験による知識はあるにこしたことはないが、そうでなくとも、辞書を引き、きちんと調べ、引用も参照すれば、正しい絵を描くことはできる。
(井口)
Millionsを例に挙げ、英語と日本語で頭に思い浮かべる「絵」のズレと翻訳する際の難しさを説明。日英も同様。「数千万」の訳語を機械的にtens of millionsに置き換えられないケースもあるかもしれない。それが書き手の意図であれば、millionsの方が訳語としてふさわしい場合もあるだろう。そこまで考えるのが翻訳者の仕事。
Millions






(高橋さ)
「難しいパート担当の高橋さきのです」とさきのさん登場。フローチャートのスライドを示し、フローチャートだけを見ていても正しく訳せないと。書き手が何をどうとらえどのように読み手に伝えようとしているかを理解することが大切。そのための「絵」である。井口さんパートの「何かを引き立たせるために背景をぼかす訳が必要な場合もある」という発言を受け、「ぼかすためにもぼけた部分がどうなっているのか近寄って確認する必要がある、そのために翻訳者は足を使わなければならない」
(Sayo注:この「足を使う」があまりよく分からなかったのですが、「引いたり寄ったり」しながらさまざまな角度から訳文を検討するということなのかなと考えています)
著作権の重要性についても言及あり。原著者も翻訳者も著作権によって守られている。同一性保持権は、著作物を通して描かれた著作者の人格を侵害してはならないとする著作者人格権の一種で、著作者の了解なく作品を変更することを禁じているが、これは、「足さない・引かない」と基本的に同じことではないか。

「循環とフィードバックでピント合わせ」(井口)
原文読者と訳文読者が頭の中に描いた絵が同じになるようにするのが(井口さんの考える)翻訳の基本である。言語や文化の違いにより、細かい部分のズレをなくすことはできないが、全体としてズレが最小になるようにもっていきたい。そのためのやり方が循環とフィードバック(Sayo注:ということなのだと理解)。
一般的な理解では、翻訳作業は直線(原文読解→原文と対応する訳文を作成→訳文をブラッシュアップ)。分納要請もこの理解の上に立つものだ。だが、実際は循環しながら翻訳を行っている(下図左)。部分的な最適化(直線翻訳)が全体の最適化につながるわけではない。単語を見、文を見、章を見、全体を見る、を繰り返しながら、全体として著者が伝えたいことがきちんと反映された訳文に仕上げていく(下図右)。この循環作業はひとりの人間が行うべきだ。
翻訳循環
伝えたいこと循環





循環しながらフィードバックによりズレを直していくことで、振れ幅(Sayo注:原文や原著者意図との乖離や違和感?)を小さくし、最終的には振れのない直線(望ましい訳文)が得られるようにする。
例として「スティーブ・ジョブズ」の文章中のunagi sushiの訳語と、現在翻訳中の作品の主人公女性の特徴(round-face, outspoken)の訳語選択に至る過程が説明された(Sayo注:後者の例でのポジティブかネガティブか等々を考慮した訳語選びの過程はとても興味深かった)。
2019.05.28 23:55 | 翻訳祭・フォーラムetc.報告(2016-) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示