FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。


「『原文の絵を描く』とは-「スペインの雨はヒマラヤの雪」(星野)
 The rain in Spain stays mainly in the plain.
 映画「My Fair Lady」の中で主人公イライザのコックニー訛りの矯正に用いられる台詞。以下の3つの訳がある。
1 スペインの雨はおもに平野に降る(倉橋健)
2 日は東、日向にひなげし、光あふれひばりひらり(2013年「マイフェアレディ」東京公演時の翻訳)
3 ヒマラヤの鄙(ひな)に終日(ひねもす)ひらひらと雪はひた降る(2005年「ウォータースライドをのぼれ」ドン・ウィンズロウ/東江一紀訳)
1は原文に忠実。2は発音矯正(「ひ」と「し」)に主眼を据えているという点で原作の意図をよく踏まえており、自然描写でもある。3は韻を踏みつつも情景を美しく捉えていて秀逸。
原文を読めていないまま正しく訳すことはできない。これはどんなジャンルでも翻訳の基本である。正しく読み訳すための技術としては、文法、今日シンポジウムで学んだ事柄、たくさんの優れた原文と訳文に触れることなどが挙げられる。
(Sayo記:東江一紀氏の訳業から多くの影響を受けたと仰る越前敏弥さんが一聴講者としてシンポジウムに参加されるという、幸せな偶然(?)が。改めて東江さんの凄さを感じました。しかしながら、音読した際に一番読みにくいのは2で、これはこれで、公演台本として上手く作られているなあと思いました。)


「翻訳者のための言語学のススメ」(佐復)
 原文にはalsoやtooがなくても、日本語では「も」としないとおかしいケースが往々にしてある。その理由を言語学的観点から説明できないかとずっと考えていたが、コヒージョン(結束性)によって説明できるのではないかと思う。英語と日本語では、言語によって結束性を実現する方法が違うため、原文と訳文を等価にするためには「も」が必要。「も」を足したことで情報が増えたわけではない。
言語学に対する興味が大きくなり、放送大学などを利用して、大学時代に学んだ言語学を学び直している。「旧」言語学ではlangue(規則の集まり)のみが研究対象であったが、現代の「新」言語学には、parole(個々人が具体的に使用する実体)も含まれ、意味のみならず言語が用いられる意図も対象となる。翻訳には、意味(旧言語学)と意図(新言語学)の両方が必要ではないか。
言語学は、翻訳に役立つヒントの詰まった鉱脈。問題を整理し、顧客に理論的な説明を行うのに役立つと考える。
(Sayo注:佐復さんの言語学についてのお話は非常に面白かったのですが、お話にメモ取りがついていけず、すべてをレポートすることができません。ということで、声を大にして「興味深い内容でした」とだけ申し上げておきます。)


「足さない・引かないのケーススタディ」(高橋さ・井口・高橋あ・深井)
 8つの例題を肴に、4人が「どう処理すると『足さない・引かない』を実現できるか」を論じ合う非常に贅沢な時間。
例題A:比喩の処理―原文言語・訳文言語両方のもつ文化背景まで考慮する。「自分が知っているから皆知っているだろう」という判断は危険。自分の常識が他人の非常識ということもある。
例題B:固有名詞の処理―対象読者は誰かを考える。一般的には知られていない言葉でも、説明を加えると対象読者に失礼になるケースもある。読者はどう読むか、どんな絵を描くかを考えることを忘れない。
例題C:大幅に言葉を補う―英語読者には馴染みのフレーズ(したがって冒頭部分しか書かれていない)が日本語読者には馴染みのないものである場合、読者の受け取る情報を同じにするために、全部を記載する場合もある。
例題D:原文にない情報がいくつも追加されている(好ましくない例)―原文の書き手の意図がまったく反映されていない。日本語を整えるために、また調べて分かったことを伝えたいがために言葉を足している。翻訳者は自分のために訳文を書いてはいけない。
例題E:定義の「こと(である)」―必要な「ここぞ」というときに使うべき。そのために、その他の部分では極力使わないようにするのが望ましい。
例題F:one or moreの処理―英語では単複を定義しなければならないが、日本語では単複が包含されるので、基本的に「1つ以上の」は訳さない。
例題G:日本語のおしらせのあいさつ部分を英訳では(全)削除―大切な情報が確実に伝わることが大事。相手と目的に合わせて変えることは「足さない・引かない」からは外れない。ただし、例のように大幅に削除する場合は、最初に理由とともに「リライトする」と伝えておく方が無難かも。
例題H:肯定と否定の転換―日本語では二重否定で微妙な内容を表現することがある。英語も、違う形で同じように微妙なニュアンスを表現しようとする場合もあるだろう。そのような場合に二重否定を用いることは、「足さない・引かない」からは外れない。

Q&A(割愛)
「足さない・引かないのケーススタディ」で、皆の知りたかったことがおおかた言葉にされた感があり、会場からはほとんど質問の手が上がりませんでした。
2019.05.28 23:59 | 翻訳祭・フォーラムetc.報告(2016-) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示