FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

「シンポジウムでは、どんな風にノートをとっているのですか」という質問をいただきました。
こうやってレポートを書いていると、ノートとりにまで目を向けてくださる方がいて、ありがたいことです。


ひと言で言えば、「書き取れるもの、聞き取れたことはすべて書いています」ということになります。なので、ずっと何か書いています。今回のシンポジウムでは、A4用紙5枚(裏表)10ページ分のノートをとりました。

なぜ、こんなノートのとり方をするようになったかを説明するには、初参加の2016年の翻訳祭までさかのぼらなければなりません。
それまで私は、翻訳祭のツイートやその後のレポート記事を「(参加できて)いいなあ」「羨ましいなあ」と思いながら眺めていました。
だから、始めて参加できた翻訳祭では、それまでの自分のように「いいなあ(参加したいなあ)」とPCの前でため息をついている方たちのために、精一杯レポートをしようと決めていました。ツイッターでは、その場に居合わせた方々の生の感想が流れてきます。同じフレーズが何度も流れ、「それがその話のキモだったのだ」ということは分かるのですが、どういう状況で、どんな流れでそのフレーズが演者の口から発せられたのかは、前後のツイートやその後のレポートから想像するしかありません。だから、「大事な部分を切り取った、内容の濃い深いレポートは他の方に任せて自分は全体の流れが分かるようなレポートをしよう、そのためには、書き取れることはすべて書き取ろう」というのがSayoレポを始めた理由です。


今もその気持ちは変わらなくて、「昔の私のような方に読んでほしい」とノートをとり、レポートを書いています。

そんなわけで「とにかくすべて書く」ことに徹しているため、「ここ大事だから書き留めよう」ということはありません。ですから、シンポジウムなりセミナーなりが終わると、「え、今日私どんな話を聞いたっけ」状態で、普通なら心に残っているはずの重要な内容がまったく自分の中に残っていなかったりします。なので、自分のためにも復習とレポート作成が必要なのです。

シンポジウムに関していえば、講演者によって少しずつノートのとり方が変わります(3回目ともなると、そのへんだけは少し見えてきました)。

深井さんは、比較的ゆっくり喋られ、スライドもイラストや写真多めなので、ノートテイキングという点から言えば一番ラクです(その代わり、どの情報も落とすことができませんが)。
なので、トップバッターが深井さんだと、言葉がちょっと悪いのですが、いいウォーミングアップになります。耳から情報を中心に、できるかぎりスライド情報を書き足します。

井口さんは、とても理路整然と話されますので、やはりノートはとりやすいです。話が分かりやすい一因として、(スライドで)図を多用されるということがあるかもしれません(今回の「ぐるぐる循環させる」の説明も、図があれば一目瞭然ですよね)。なので、その図だけは、間違いがないようキチンと写しておかなければなりません(昨年はいい加減に写したのでレポートに使えなかった)。耳から聞いたこと7割、スライドの内容3割くらいの感じでノートをとります。

高橋(あ)さんは、「マイクいらないですよね」と仰って地声で話されるだけあって一番滑舌がよく、「耳からノートテイキング」には神のような方です。スライド情報はそこそこ多いのですが、あとで事後配付資料やご自分のブログ記事などの形で何らかの補足をしてくださることが多いので、耳からの情報をおもに書き取ります。

高橋(さ)さんは、すごく大事なことを仰るのだけど、とにかく難しい。今回は、事前配付資料とスライドの内容がかなりかぶっていたのでとても助かりました。さきのさんのお話をノートにとるときは、スライドからはキーポイントだけ、おもに耳から情報を書き殴ることになります。一度置いてきぼりになると絶対に追いつくことはできないので(&ほとんどの方がそうだと思いますが、「ノって」こられると早口になります)、とにかくその場では、耳に入ってくる内容をできるかぎり書き取ります。

(星野さん、佐復さん、タコの会さんは、まだ傾向がつかめていないため割愛します。スイマセン。)

最後の4名によるケーススタディは、「ノートテイキング」的観点からいえば、一番ラクでした。スライドに各例題が表示されましたが、いずれも事前資料として配付されていたものですので、基本、顔を上げることなく耳からの情報だけに傾注することができました。「スライドも見ながらノートをとる」には、首の動きと視線の移動が必要になりますし(キー入力と同じで「チリも積もれば…」です)、瞬間瞬間で、耳からの情報とスライド情報のどちらを優先するかという判断も必要になります。ですから、疲れマックスの最後のセッションが、このケーススタディであったことは、とてもありがたかったです。


ノートからレポートにする作業ですが、まず、テーマや当日の進行表とにらめっこしながら、「なぜその順番なのか」を考えます。フォーラムのシンポジウムでは、内容や緩急も含め、話をされる順番がとてもよく考えられていると思います。そこで、だいたいの流れを1枚程度のメモにしてしまうと、その後のレポート作成がかなりラクになるような気がします。
基本的には自分のノートを基にレポートを書きますが、一応、ハッシュタグでまとめられたシンポジウム関連のツイートも確認しておきます。
その後、もう一度ノートを読み直して、どの部分をレポートに採用するか(&どの部分を闇に葬るか)を決めます。だいたいそのあたりで新幹線が京都に到着します。


覚えとしてのメモなら、自分にとって大事だと思えるところを重点的にノートをとればいいのかなと。
もしも、翻訳祭や来年のシンポジウムで「全部ノートをとろう」と思っている方がいらっしゃったら、なにがしかの参考になれば幸いです。
2019.06.03 22:15 | 翻訳祭・フォーラムetc.報告(2016-) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示