FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。


 という副題は、管理人さんの言葉ではなく、私がいろいろ悩んでつけたものです。
 本文でうまく説明できればいいのですが。

 昨日、第13回勉強会を終了しました。

 本来は新しい課題の要約回になるはずでしたが、前回、Saul Bellowの『Graven Images』の訳文検討が途中で終わってしまったため、今回は、残った訳文を検討するところから始まりました。「さくっと終わらせましょう」と始めた割りには、原文のイタリック体部分の訳文への反映や、ある「it」の意味するものは何か(→迷ったときは文法に戻れ)など、結構つっこんだ議論ができたかなと思います。最後に、全体を見渡したまとめを行って終了。

 残りの時間は、管理人さんが提案してくださったショートショート、Ann Beattieの『Snow』の要約と訳文の検討です。次回勉強会が「翻訳を勉強する会・番外編」(別名:公開処刑会)になるので、今回は「箸休め的に軽いものを読みましょう」ということで提示された(はずの)掌編で、気楽に楽しく取り組み和気藹々と論じ合う、はずだったのですが、期せずして私(たち)の欠点がハッキリ露呈される結果となりました(”Ann Beattie" ”Snow” でG検索するとPDF原稿がヒットします。A4で2ページほどの短いものですので、興味が湧いた方は目を通してみてください。道下匡子さん、柴田元幸さんのお二方による邦訳も出版されています)。

 さて、この『Snow』の検討ですが、まず、メンバーひとりひとりが「どんな主人公(一人称なので話者)をイメージし、どんなところに気をつけて翻訳したか」を説明することから始まりました。すると、魔王様を除けば妙齢(!)の女性ばかりの集まりですから、「いまだ残る未練が雪によって喚起される」(演歌派)、「いや結構醒めていて過去の思い出を昇華しようとしてるんじゃないの」(ユーミン派)、「自分に酔ってるよね」(思いつかないので、さくっと「その他」派)等々、感想、出るわ出るわ。総じて、「訳文を考えるのがとても楽しかった」というのが女性メンバーの一致した感想でした。
 そして、最後に真打ち魔王登場となるわけなのですが、管理人さんは、まず「どんなToneで書かれているか」というところから入ります。女性陣がさまざまに感想を述べたにも関わらず「直接的に話者の感情を表現する言葉はないですよね」だから「淡々とした日本語で表現したい」。なぜなら、それが著者の意図するところだから。

 この管理人さんの説明を聞きながら、女性メンバーは(たぶん)みな「自分は読者と同化しすぎていた」と感じていました。作品への思い入れは必要ですが、読者と同化してしまっては、著者の思いをきちんと伝えることはできません(これは著者に対しても言えることかなと思います。著者の思いを伝えたいという気持ちばかりが先走った訳文も、やはりよい訳文とは呼べないような気がします)。
 ホワイトボードには「訳者は、最初に読むときは無色透明な気持ちで読むべき」と書いていますが、あとで、それもちょっと違うかなーという気がしてきました。訳者も、最初は読者として読んでよいのではないかと。あくまで私の個人的な考えですが。そうでないと「これはいい」「この文章を他人にも伝えたい」という気持ちが湧きにくいような気がするのです。そうした「これを伝えたい」という気持ちは、訳していく上で大きなモチベーションになります。だから、ざっと一読するときは、まず読者として読めばいい、その代わり、もう一度熟読するときは、距離をおいて英文をきちんと観察することを忘れない、そして訳すときは「(自分がではなく)著者が日本語でその文章を書いたらどう書くか」をつねに頭に置いて訳す、この3つの立場を混同することなく、原文そして訳文と向き合えばいいのではないかと、一日経った今は、そんな風に考えています。
 ――というところからの、「読者として、観察者として、そして訳者として」ですが、若干芸がなさ過ぎた感ありますね(汗)。

 この課題では、「その訳語をそのまま(日本人読者に向けた)訳文に当てはめても大丈夫か」「ダブルミーニングの言葉の、ほのめかされている方の意味をどこまで訳文に反映させるか」といったことも話題に上りました。これらについては、現在も、FBのグループで議論が続いています。たぶん答はでないけど。

 白状しますと、訳文を仕上げたとき、心中密かに「いいのできたー♪」などと思っていたわけです。それが、「(たとえ日本文として悪くないものだとしても)作者の意を汲んだ訳文ではなかった」という事実をどかんと突きつけられるのは、辛くはありますが爽快でもあり、少し時間を置いた今、自分に必要なボディブローだったと思っています。「よくできた」と思っていた訳文を褒められたりすれば、それこそ天狗になってしまっていたに違いありませんから。

 というわけで、今回も、さまざまに考えさせられた勉強会でした。
 何回目になっても、いつも何かしら学びがあり気づきがあります。それは、「成長が遅い」ということなのかもしれませんが、決して「成長していない」ということではないと思っています(希望的観測)。「もう学びも気づきもなくなった」と思ったときこそ要注意なのかも知れません。

 来月は「番外編」準備のため、通常の勉強会はお休みです。お盆明けに再開の予定。「番外編」にお申込みいただいた皆さんは、公会堂でお会いしましょう(でもたぶん背景に同化しているはずなので見つからない)。
2019.06.15 18:33 | 勉強会 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示