FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。


「ムギと王さま」(Eleanor Fargeon、石井桃子訳、岩波少年文庫2001年)

裏表紙には「『現代のアンデルセン』とも称されたファージョンの美しい自選短編集全27編」とあります。子どもの頃、大好きで何度も読み返しました。
私の手元にあったのは、おそらく1971年出版の単行本(ハードカバー)。今も実家の物置に保管されているはずなのですが、その物置だけは鍵が行方不明で、中のものを取り出すには鍵を壊して開けるしかありません。

ということで、図書館から借りてみました。とにかく分厚く重たく、その厚みがまた好ましかった記憶があるのですが、岩波少年「文庫」ということを差し引いても、薄い、軽い。嘘やろ――と思ったら、新版は「ムギと王さま」と「天国を出ていく」の2巻に分かれているのですね。それぞれに「本の小べや1」「本の小べや2」と副題がついています。

そう、この本の原題は"The Little Bookroom"。その原題の説明にもなっている「作者まえがき」が、私は大好きなのです。
ファージョンが子どもの頃に住んでいた家には、子どもたちが「本の小べや」と名づけた小さな部屋があったそうです。それ以外の部屋も本で占領されていて、「本を読まないでいることは、たべないでいるのとおなじくらい不自然に」思われるほどだったそうです。そうした部屋々々の本棚からあふれた本が流れつくのが「本の小べや」で、そこには選択も秩序もなく、雑多な本がところせましと積まれていて、「いろいろな種類の本でぎっしりつまっている、いくつかのせまい本棚は、壁の中ごろまでとどき、またその上には、ほとんど天井にとどくところまで、乱雑に本がつんでありました。床に山とつんであるのは、またがなければなりませんでしたし、まどによせかけてつみあげてあるのは、ちょっとさわれば、たおれおちました。おもしろそうな表紙の本をひきだせば、足もとには、まるで大波がおしよせたように本がひろがります」という状態だったとか。そして、子どもたちは日がな一日、そこで本に読みふけり、空想にふけったのです。

たとえば、屋根裏みたいに天井が低く天窓からひかりが差し込むような、秘密基地めいた小さな部屋に、こんな風に本が積まれていたら、嬉しくないですか。まあ、掃除も行き届かないでしょうから、ファージョン自身が言っているように、つねにほこりが舞っていて、のどを痛めてしまうに違いありませんが。

子どもの頃に住んでいた社宅では、せまいダイニングキッチンのダイニング部分を潰すような形で、天井まで父の蔵書が積まれていました。真ん中にあるせまい通路は、子ども一人やっと通れるほどの幅で、いつもうす暗く、奥はまるで穴蔵のよう。私はよくそこにもぐり込んでは、本の背表紙を飽かずながめたものです。そんな小さい頃の風景がファージョンの前書きとシンクロしたのかもしれません。(今は、本を処分することの大変さを身をもって知ってしまったので、自分では本に囲まれた生活はもういいやと思っていますが)。


再読すると、どれも「ああ、こんな話だったなあ」と懐かしくてたまりませんでした。何回も読み返しただけあって、少し読むと結末を言い当てられるお話がほとんどでした。
寓話や昔話、子どもの日常、神話に題材をとった話――とファージョンの語る話は多岐にわたります。『大学教授のように小説を読む方法』のフォスター先生なら、「こんな風に読み解ける」と仰るところかもしれませんが(注:決してThomas C. Foster氏に異を唱えているわけではありません。この本(私が読んでいるのは原書ですが)は小説をもう一歩踏み込んで深く読む読み方とその面白さを教えてくれます)、ここは、深読みは忘れ、童心にかえって楽しく読むのがいいかなと思います。石井桃子訳は、やわらかく暖かく、若衆だの駅夫だの、もう死語といってもよい言葉もたくさん登場しますが(初版は1959年)、それさえも古い不思議な世界に誘ってくれる合い言葉のようです。

中学生の頃は、王さまが小間使い(実はとなりの森の女王)と結婚なさったり、王女さまと木こりの青年が恋に落ちたりといった、"Happily ever after"系のお話に心惹かれましたが(そういうお年頃でした)、今は別のお話にもっと心を惹かれるのは、四十有余年という年月のなせる技でしょうか。再読して一番心に残ったのは『金魚』という掌編。むかしむかし金魚は海に住んでいたけれど、そこは金魚には広すぎると考えた海の王さまが、小さな金魚がほしいと泣いた世界(金魚鉢)と月(銀色の金魚)を金魚に与えてやるというだけの短いお話なのですけど、小さな金魚がなんだかとてもいとしくて。作者のお気に入りだったという、神話に題材をとった『パニュキス』も、初読時は別になんとも思わなかったのですが、(特に最後の大人になってからを描写した数行が)なんだかとても切なく感じられました。


というわけで、「本の小べや」が原点の女性が書いた物語に興味が湧いた、かつて少年少女だったみなさん。
図書館で見かけましたら、手に取ってみて頂ければと思います。
2019.08.23 23:25 | 和書・洋書 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示