FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。


いつもひねりのない副題でスイマセン。
(あとで自分が内容を思い出しやすい副題にしています)

勉強会・通常編、終了しました。

今回は、まず、今後の進め方を話し合うところからスタート。
課題が取りまとめられた段階で、管理人さんから「課題の難易度が高すぎるかもしれない。要約継続の是非も含めて検討した方がいいかも」という提案があったためです。

話し合った結果、「現在のテキストをそのまま継続する」「要約に向かないタイプの文章も多く、またどうしても『要約のために読む』になってしまいがちなので、課題として要約を行い勉強会で検討することは止める。翻訳の前に要約するかどうかは個人の裁量にまかせる」ということになりました。
確かに、Best American Essays of the Centuryのエッセイは、読むのも訳すのもとても難しく青息吐息なのですが、普段の仕事に戻ったときにとてもラクに感じるのも事実でして(と油断していてはいけないんですけど)、個人的には今のテキストをそのまま続けたいなと思っておりました。というわけで、ワタクシ的には望ましい方向に向かってくれて嬉しく思っています。要約は、先のことはわかりませんが、当面続けてみるつもりです(井口さんが仰った「もう少しやさしい課題を、トーンや想定読者を変えて訳してみる」ということも、いつかやってみたいなと思っています)。
こんな風に、ときどき話し合って軌道修正しながら、メンバーが力をつけるのに最適な方法を探っていけるのが、勉強会のいいところかなと思います。

また、今回から、「日本語学習の時間」が追加されました。ひとつのテーマについて、それぞれが事前に下調べをしてきて、当日はルーレット(!)で指名された1名が発表、そこから話し合いに発展させるというやり方です。フタを開けてみると、ほぼ全員が何らかのプリントアウトを用意してきていて、活発なやり取りとなりました。初回は(連続の是非も含めた)「の」についての考察。次回は「は」格と「が」格について勉強します。
「番外編」では「『の』を減らす」というお話がありましたが、減らすにしても「の」とはどんなもので、どんな種類があるということを抑えておかないと、言い換えてよい「の」とそうでない「の」を、自信を持って適切に判断できないですよね。
これまで、さらっと簡単な文法書を読んだくらいで済ませてきましたので、ここできちんと勉強しようと思います。
管理人さんからは、

『日本語学入門』(近藤安月子、研究社 2008年)
『日本語の文法』(高橋太郎、ひつじ書房 2005年)
『日本語文法整理読本―解説と演習 (日本語教師トレーニングマニュアル) 』(井口厚夫他、バベルプレス 1994年)

の3冊を推薦いただき、まずは上2冊をAmazonさんで購入しました(帰りに寄ったリアル書店にはなかったので)。


後半は訳文検討の時間。
すでに何ヵ月やっているか分からなくなってきた(笑)"Graven Images"。もういい加減きちんと読めていいやろという話ですが、そう甘くはなく。細かい話は省きますが、皆さんの訳文を拝見し勉強会での検討を経て、自分は

● わざわざ難しく読んでいる。
● 一度思い込んだらなかなかその思い込みから離れられない。
● 本当はよく考えるべきポイントや単語を結構スルーしている。

ということがよく分かりました。
こうしたこと自体は、他の方にも「よくあること」かもしれませんが、問題は、自分はこれまで何回も、気づきとして似たようなことを書いてきた、ということ。これはもう、「(やってはいけないが)往々にしてある話」ではなく、自分の一番の「欠点」なのだときちんと意識して公言しなければいけないんじゃないかと。そこからのタイトル副題(前半)です。こうした自分の癖については、独学だけで気づくことは難しい。比べるもの(他の方の訳文)があり(やんわりと)指摘されてはじめてはっきり見えてくるものだと痛感しています。


勉強会については、いつもまずFB上で、「今日のスイーツ」の写真も含めて簡単に報告しています。
今回、「管理人さんがこれまで読んでこられた書籍参考書の数々、勉強されてきた内容を考えれば、並んで歩ける日が来るとは思えませんが、いつの日か(おずおずと)『ここが気になる』と細い赤線を引けるくらいにはなりたいものです」(各人が訳文の気になる箇所に赤線を引きコメントを添えたものを返して頂きました*)と報告しましたら、井口さんから「遠慮はいらない。どんどん口にすべき」(抜粋・以下の引用箇所同じ)というコメントを頂きました。それに対して「気になる箇所があっても、自分の中にきちんと説明できるだけの根拠がなく、ふわっとした説明しかできないので、自信が持てない」と返信しましたら、今度は「ふわっとした疑問でも『ここが気になる』ということは大事。そこから(メンバー全員による)ブレインストーミングにつながるかも。それが勉強会の醍醐味では」というコメントが。
それを読んでハッとしました。私は、もっと自信が持てるようになるまで「意見を述べるなど百年早い」と思っていたのですが(なので、勉強会では、どちらかというと聞かれたことに対して防戦し、たまに斬り込んでいく感じ)、それでは勉強会というより、片方が教えを請う講座に近いものになってしまいます。それは最初に自分たちが目指したものではなかったはず。まだまだ実力差はあるとはいえ(そして、互いに勉強を続ける分、その差はいつまで経っても埋まらないものなのかもしれませんが)、次回は(返り討ちにあうとしても)もっと声を上げていこうと思います(板書もしてるんで、なかなか難しいんですけど)。


* 「各人が訳文の気になる箇所に赤線を引きコメントを添えたものを返して頂きました」→最後に迷って書き換えたもの、イマイチと思いつつそれ以上の訳語を思いつかずそのままにした箇所も、「やはりな」という感じで指摘されていましたが、打ち返せそうなもの(笑)もありました。訳文自体はまだまだとしても、言葉で説明(弁明)できそうな箇所が増えたことが、「翻訳への向き合い方」という点で、この1年半の(少しの)進歩と言える、かもしれません。


2019.08.25 00:05 | 勉強会 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示