FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。


 テレビに釘付けの一日が終わり、次の日には日常が戻ってきた。学校に通い、ボランティアにでかけ、勉強し、家事をこなす日々。住んでいた国がテロの標的になったけれど、私の毎日の生活が直接影響を受けたわけではない。事件はわが事でもあり他人事でもあった。それでも、9.11が私の心を深く揺さぶり恐怖を植え付けたのは確かだった。
 
 学校は、地域住民ならだれでも格安でクラスをとれるCommunity Collegeで、中東系の面立ちの学生も少なくなかった。彼らがヘイトの対象になっている場面に遭遇したことはなかったし、クラスメイトが(一般的なものであれ)それらしき言葉を口にしたのを聞いたこともなかった。けれど、あとになって、いわれのないそしりを受けた学生がいたらしいという噂を聞いた。
 その年の暮れ、ボランティア先の図書館のエジプト人スタッフが、ひっそりと祖国に帰っていった。町なかで、兄が中東系の人間だというだけで通行人にからまれ、暴行され、けがを負い、「怖くてもうこの国には住めない」と思ったのだそうだ。「(アメリカ人の)友達もいるけれど」と寂しそうに言った顔が忘れられない。
 業務を縮小したり現地スタッフを増やして駐在員を減らしたりした日系企業も多く、テロ後1年ほどの間に、駐妻の知合いがひとりまたひとりと帰国していった。

 テロがあってから、私はキリスト教に興味をもった。信仰心が個人を支え、国としての団結をより強固なものにしているような印象を受けたのだ。当時師事していた英会話の先生(カトリック信者)に相談すると、”More Than a Carpenter” (Josh McDowell)* という書籍を紹介してくれた。100ページほどのペーパーバックだ。正直「理解が深まった」とは言えないが、いまだにこれ以上分かりやすい三位一体の説明はないと、個人的には思っている>ご参考まで。

 * 私が持っているのは1977年版ですが、2009年に、”new generation of seekers”を念頭に置いて、大幅な加筆が行われた新版が発行されているようです。

 「その日」でも書いたとおり、10月初旬にアフガニスタン侵攻が開始された。時を同じくして、炭疽菌入りの封筒が送られる「炭疽菌事件」が連日大きく報道されるようになった――というのが、私の記憶なのだが、記事を書くにあたって時系列に整理された情報を調べてみると、最初に炭疽菌入りの封筒が投函されたのは9月18日とある。人間の記憶はあてにならないものだ。テレビ局や出版社に宛てて投函された数通の炭疽菌入り封筒のうち、フロリダの出版社宛てに送られた封筒で犠牲者が出た。それが10月初旬だった。このあたりの経緯は、Richard Preston*の”The Demon in the Freezer”に詳しい。その後、上院議員宛てに再び炭疽菌入りの封筒が送られ、封筒が開封された建物は、除去作業のため数日間閉鎖された。封筒には9.11との関係を示唆するような紙片が入っており、生物兵器を使用した無差別テロかという報道もあったと記憶している。結局、テロとは無関係で、容疑者として浮上した米国人科学者の自殺で幕を閉じた、らしい(この頃にはもう日本に帰国していたので、「炭疽菌事件」の結末は、かなりあとになってから知った)。結局、数名が亡くなり、数十名が炭疽菌に感染した。
 この事件のもっとも恐ろしい部分は、封筒を扱った郵便局の職員が多数炭疽症を発症した――つまり、封筒紙の繊維をすり抜けるほど小さな炭疽菌芽胞が使用されたということだと思う。送付経路上にいて芽胞を吸入した者ならだれでも、炭疽症を発症する可能性があったのだ。
 そんなわけで、私たちはみな震え上がった。図書館の本のページに白い粉がついているのが発見され、専門家が出動したこともあった。宇宙服様のスーツを着用した人間が図書館に入っていくのは、想像するだけでもなかなかシュールな光景だが、当時はだれも笑ったりしなかった。予防用の抗生剤の名前と入手先情報が新聞に掲載されたりもした。私は、その記事を切り抜いて、かなり長いこと、冷蔵庫の扉にマグネットで貼っていた。

 *  Richard Prestonはエボラウィルス病(エボラ出血熱)を扱ったベストセラー”Hot Zone”(『ホットゾーン』高見浩訳)の著者。その恐怖を増幅するような臨場感あふれる描写や記載内容に批判的な文章を読んだこともありますが、Prestonが膨大な資料と関係者へのインタビューをもとに文章をまとめ上げているのは確かだと思います。2019年7月に新刊”Crisis in the Red Zone: The Story of the Deadliest Ebola Outbreak in History, and of the Outbreaks to Come”が出版されています。なお、「批判的文章」の方は”Ebola: The Natural and Human History”(David Quammen、『エボラの正体』山本光伸訳)。

 11月には、アメリカン航空の旅客機がJFK空港(NY)近くの住宅地に墜落し、乗員乗客全員と巻き添えになった住民数名が亡くなるという事件があった。のちに乱気流と操作ミスが重なった不幸な事故と判明するのだが、ブレーキングニュースが報道されたときは、だれもがテロを疑い、不安な数時間を過ごした。

 9.11は確かにおそろしい事件だった。旅客機を乗っ取っての自爆テロなど、それまでいったい誰が想像しただろう。だが、それは9月11日だけでは終わらなかった。表だっては、アフガニスタン侵攻を経て、イラク戦争へと向かった。水面下では、人々の心に恐怖を植え付けた。少なくとも私の心には、しばらくのあいだいつも恐怖という火種があり、なにか起こるたびに「またテロかも」という思いが頭をもたげた。理性的に「そんなはずはない」と打ち消すことができれば一番いいのだろうけれど、そうした原始的な恐怖を克服するのはなかなかむつかしい。憎しみに転化される(あるいは憎しみを煽ることに利用される)こともあるんじゃないかと思う。

 9月11日は、無駄に恐怖に支配されてはならないという(あたりまえの)ことを改めて思い出させてくれる日だ。
2019.09.10 19:08 | 分類不能 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示