FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。


…という言葉が適切かどうか分からないのですが、他に「これ」という言葉を思いつかないので…

しばらく前に、こんな↓↓↓ツイートをしました。

今日は、「どんな風に英訳できるだろう」ではなく「どういう英文だったらこの日本語にできるだろう」と考えながら新聞記事を読んでみた。なんかちょっと違う視点から見れたような。

(いちおー日英翻訳もやっていた時期もあるので――今はもう「商品」になる英文はつくれないと思いますが――たまに英訳を考えてみることはあります)

これ、その後も時々やっています。なかなか面白く、そして難しい。

たとえば、10月30日の朝日新聞朝刊の多事奏論。編集委員の駒野剛さんが、冒頭に次のように書かれています。

「長崎市の繁華街、新地中華街近く、企業のビルが立ち並ぶ中に木造の洋館が立っている。(中略)…幕府に渡された。欧米やアジアの情勢を知る重要な手段だった。(中略)「出島にいて何で世界が分かるのか」。不思議に思う少年がいた」

この中で、フと気になった部分について、「どんな英語だったら、この日本語を使ってもおかしくないだろう」と考えてみるのです。

たとえば、「立ち並ぶ中に」。「背の高いビルが林立する間に(それだけ異質な)古い木造の洋館がある」というイメージです。試みにうんのさんで「林立」を引いてみると、elbow each otherという表現が見つかりました。なるほど。でも、ここでは、背の高いビル群が押し合いへし合いするという表現では、洋館から注意がそちらに逸れてしまうような気がします。では、「A sits (or sat) among 背の高いビル」という英語表現の中で、「背の高い」を少しばかり強調するような言葉が使われていたとしたらどうだろう。注目させたいものがAだとしたら、この新聞の表現のような日本語になるんじゃないか。

あるいは、どんな英文だったら、「不思議に思う少年がいた」と訳したくなるだろう。ここには、「他の誰も不思議には思わないのに」という言外の意味が込められているような気がする。(just) one boy? One boy ...で始まる英語表現、実際に遭遇したら条件反射的に「一人の少年が」としてしまいたくなるけれど、こんな風に「…がいた」とするのもありかもしれない。とにかく、ここは「不思議に思う少年がいた」を強調したい箇所。「がっつり強調したい」的な英語表現に遭遇したら、こんな風に日本語にできる場合があるということは、覚えておいていいかもしれない。

…という具合です。
(上の私の具体例の発想に対して「それはおかしいやろ」という意見もあるかもしれないのですが、ここは、「日本文を読んでこんな風に考えを発展させていきます」という「考え方」の例として読んでいただけるとありがたいです)。


目の前の文をきちんと英訳するわけではなく、自分の頭の中も、英訳モードにはなっていないように感じます。
上手く説明できないのですが(という表現は2019年「屋根裏通信」禁忌表現に指定されているのですが、どうしても明解に説明できないので、禁を破ってこの言葉を使います)、あえて言うなら、和訳作業の助走状態での「頭の中で行ったり来たり」の延長上にあるような感じです。「1回『英語から日本語を考える』枠組みの外に出て、振り返り、同じところに戻れるかどうか見てみる」みたいな。翻訳が上手な方は、無意識のうちに頭の中でこの作業をやられているのではないかと思います。私はまだまだ、その域まで達することはできません。なので、こうやって意識的にやってみることで、「外に出る」距離がもう少し伸ばせるのではないかと。行きすぎないように注意しなければなりませんが。

ということで、もうしばらくこの作業を続けてみようかなと思います。
結構考えるときもあるので、時間と気持ちに余裕があるときしかできませんが。
2019.11.02 17:10 | はじめに | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示