FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。


「今ごろ読んでるんかい」(2009年初版発行)と言われそうですが、先日まで読んでました。2巡しましたので、来週から「リベンジ編」に進もうと思います。

ツイッターで、

付箋と蛍光ペン片手に、今更「日本人なら必ず誤訳する英文」を読んでいるのだけど、間違い多くて泣ける。文法と構文に注意して読むようになった積もりでいたけれど、まだまだ雰囲気で読んでいるのだと痛感。「もっときちんと身につけなさい」という天の声と解釈。でも凹む(泣)。

と呟いたのが、昨年の11月13日。
2巡に2ヵ月かかっているわけですが(毎日ホントにちょっとずつなの)、それくらいの進み具合だと、いい具合に内容が記憶から消えていて、新たな気持ちで問題に取り組むことができます(言い訳です、はい)。

2巡目でも、1巡目に間違った箇所の半分以上で、同じ間違いを犯してしまいました。きっと、そこが自分のもっとも弱い部分なのだと思います。途中からは、問題と越前さんの解説をノートに書き写すようにしました。忘れた頃にもう一度読み返そうと思います。
(蛇足ですが、1巡目に正解だった問題を2巡目に間違う、ということもありました。雰囲気で「こんな感じかな」と訳したら、たまたま正解したもので、きちんと文法を理解していたわけではなかった、ということですね。)

文法的な弱点はさまざまあれど、それ以前に、自分は「雰囲気訳」が多いということが分かりました。勉強会に参加するようになってからは、雰囲気訳をしないよう注意してきたつもりですが、まだまだ「もうひと調べ」「もうひと確認」が足りないときがある。
読みや文法的解釈が不十分であっても、前後の流れからそれなりに訳せてしまう。しかもその解釈で(大筋は)合っていたりするものだから、文法を甘くみてしまう――それは、自分の欠点であり甘さであるということを痛感しました。
こんなに、できない、なんて(震撼)。

英文を文法的にきちんと解釈し、特定の単語や表現が使われている意図を理解し、その上で正しく文脈をよみとる――そのどれが欠けても、著者の意を汲んだ(その思考の流れを正しく移植した)適切な訳文を書くことはできないのだという、あたりまえと言えばあたりまえのことを、「日本人なら必ず誤訳する英文」に教えてもらったような気がします。

というわけで、次は「リベンジ編」に進むわけですが、この本のカバーのそでに書かれた「誤訳を防ぐための3か条」が――あたりまえのこととはいえ――とても素晴らしいものでしたので、転記しておきます。

1. 常識を働かせて英文を読むこと。違和感を覚えたら読みなおし、ゆっくり考えなおすこと。違和感には、大きく分けて形と意味の2種類がある。
2. 自分の弱点となっている文法事項を知り、覚えるべきことは覚えること。文脈から判断できない場合、最後の砦は文法の知識である。
3. 「自分の持っている知識など、たかが知れている」と自覚して、つねに調べ物を怠らないこと。
(『越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文 リベンジ編』越前敏弥)
2020.01.23 23:57 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示