FC2ブログ
2020. 05. 12  

遺言を認めた。

決してうつになっているわけじゃない。まあ、精神的な疲れは溜まっているし、毎日うつうつはしてるけど(笑)。


実は、遺言を書くのがこれが三通目。

一通目は、もう10年以上前、両親の介護、特に母親への対応でテンパっていたときに書いた。
とにかく母親から逃げたくてしかたなく、でも、「逃げたあとのことはきちんと頼んでおかなくちゃ」と考えていたところからして、もう若干(いやかなり)普通じゃない。
(これは当時も今も変わらずなのだけれど、「血縁」という意味で私は天涯孤独だ。実家は私で途絶える。だから、実家の始末はきちんとしなければ、という強迫観念のようなものがあるのは事実だ)

二通目は、両親を(無事に)送ったあとに書いた。
お願い事項の内容を書き換えないといけなかった。


今回、遺言のことが頭に浮かんだのは、コロナウイルス感染症が急激に重篤化し死に至る例が、何例も報道されたから。
そういえば、両親を送って10年近くになるけれど、実家はそのままだし、永代供養の話も全然できてないし(かろうじて実家の仏壇だけは始末した)。

というわけで、登記謄本の場所を確認し、生命保険証券の場所と内容を確認し、預貯金通帳、実印、年金手帳、現在の住いの賃貸契約書の類も確認し書き留めた(旦那は自分のものも含め、これらの在処を知らない)。
(この部分は、あまり変更がない)

連絡してほしい人をリストアップし、SNSへの投稿とアカウント削除の手順も書き留めた(旦那はSNSはまったくやらない<だから私が安心して呟けるわけなんだけど)。
(連絡してほしい人の内容が少し変わる。SNSへの言及は新規)

それから本文を書いた。いつも本文は最後だ。
25年も一緒にいると、むかつくこともあるけど(<でもたぶんそれは向こうも同じ)、「私がいなくなったあとに一人でこれを読むんだ」と考えたら、やっぱり出てくるのは感謝の言葉になる。特に、実親の介護は、旦那の有形無形の強力なしには乗り切れなかった。書きながら、翻訳や自分のしたいことを優先させて(まあ、それは向こうも一緒なんだけど)、一緒に過ごしたり話をしたりする時間が少なかったなと思えてくる。せめて、これからの時間をもう少し大切にしようと、殊勝なことを考えたりもする。もっとも、それが、あとまだ20年くらい続くかもしれないんだけど。

…という一種の正常性バイアス的なものが、これを書いた今も、自分の心のどこかにあるとは思う。「自分は、自分だけは大丈夫」という根拠のない自信。
ともあれ、これからの毎日を、自分のためだけではなく、二人のために大事にすごし、これからの世の中を、自分なりに生き抜きたいと思う。

書いたことで、ちょっとほっとし、少し自分を見つめ直し、周りの人々のことにも思いを馳せた。
「書きたい」「書かなければ」と思ったことを文字にするのは、私には一番の自浄作用のような気がする。
明日からまた、少し落ち着いて、日常のさまざまなことをこなしていこうと思う。

NEXT Entry
『文章は接続詞で決まる』『「接続詞」の技術』
NEW Topics
「改めて考えよう、翻訳に必要な力」セミナー 終了しました
『イノベーターズI』を読みながら
本を読むための本
『患者の話は医師にどう聞こえるのか』後編:どんな本なのか――私的あとがき・のようなもの
『患者の話は医師にどう聞こえるのか』前編:本になるまで
『蜜蜂と遠雷』と翻訳と
「改めて考えよう、翻訳に必要な力」
JTFセミナー「文学作品を味わう」
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Sayo

Author:Sayo
医療機器の和訳も9年目。
老眼腰痛、最近は膝痛とも闘いつつ
翻訳人生をまっとうしようと奮闘中。
この頃になってやっと翻訳の奥深さ・
難しさ・楽しさが分かってきたような。
記事は「翻訳一般」多め、ときどき読書感想文、本業(医療機器)やや少な目。
(2019年4月現在)

Counter
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR