FC2ブログ
2020. 09. 14  

 先日Twitterで、

「one of 最上級+複数形が激ムズ(怒)
今回は、『最悪と(も)いえる(~のひとつ)』で取りあえず切り抜けた」

 と呟きましたら、Buckeyeさんから、

「日本語の『最悪』って、少なくとも一般には、厳密な意味で最上級ではなく、すごく悪い、最も悪いと言ってもいいグループに属するものであるって意味だと思います」とコメントを頂きました(Buckeyeさん、勝手に引用して申し訳ありません m(__)m )。

 私は、恥ずかしながら、「最悪」に複数性があるという風に考えたことはなかったのですが、改めて考えてみて「確かにそうかもしれない」と思いました。で、

「最*の*に色々当てはめて考えてみて、なるほどひとつと断定できないものを言う場合も多いなと思いました。私の中では、英語の最上級と、その訳語としてよく習う最*と『もっとも』と『一番』(まあこれは一つですかね)がごちゃごちゃになって『どれもひとつを言う』的に考えていたようです」

 とお返事しました。(ちなみにそれに対しては「『最悪』は、『ひどすぎる』『ありえない』あたりと互換性が高いわけで、そう考えると、最大級とは限らないってことになります。もちろん、最大級のこともあるわけですが」とさらにコメント頂きました)。

 ――というようなやり取りのあと、私は、もう一度、one of the 最上級 + 複数形、「もっとも~なものの一つ」、そして「最*」について、もう少し整理してみようと思いました。

 形容詞の最上級を「もっとも~(なXX)」と習ったのは、高校英文法だったと思います。そのとき、併せてtheのつかない最上級についても習いましたが(これは記憶がある)、最上級+複数形については習わなかったような(あるいは習ったけど忘れたのか)。とにかく、私が最上級+複数形を意識しだしたのは、(私の記憶では)翻訳で、one of the 最上級+複数形という形で遭遇するようになってからです。上位の複数のものの一つなので、「もっとも~なものの一つ」という訳語はおかしい。だから、翻訳ではひと工夫しなければならないというようなことを、どこかで習ったか、読んだか、それとも誰かに聞いたのか。その経緯はもう忘れてしまいましたが、私の頭の中に「one of the 最上級+複数形とあったらひと工夫」がインプットされ、そこで思考停止していたようです。今回は、あまり大きく変更できないチェック案件の「もっとも悪い(~の一つ)」をなかば機械的に「最悪」に変更し、「最悪」そのものについてはそこから先は考えなかったということです。恥ずかしいですが、とりあえずそんな流れでしたと曝しておきます。

 さて。まず、one of the 最上級 + 複数形。

 "one of the" "plural superlative"でG検索してみると、結構な件数がヒットします。
 少し古いですが、
https://english.stackexchange.com/questions/79438/meaning-of-one-of-the-most-xxx
など、個人的にはなかなか分かりやすい説明に思えました。

 日本語の文法書にも、「one of the + 形容詞の最上級が表す意味」という囲み記事の中に、

「(She is one of the kindest persons I have met. のような英文は)よく『彼女は、私が会ってきた中で最も親切な人々の一人です』というように、極めて不自然な日本語に訳されたりするが(中略)『彼女は非常に親切な人です』といった程度の日本語訳で十分だ。<one of the + 形容詞の最上級>は、『非常に + 形容詞』と変わらず、『並一通りではない程度』を示すために使う言い回しにすぎないのである」(『表現のための実践ロイヤル英文法』P372)

という記述が見つかりました。

 one of the 最上級 + 複数形は、「(程度が)上位に位置する一つのセット(グループ)の中の一つ」みたいな感じでしょうか。宜しくない訳文の例のような日本語で申し訳ありません。どの程度「並一通りでない」のかは、文脈の中で判断するのが賢明なのかなと思います。


 次に、「極めて不自然な日本語」と呼ばれた「もっとも~なものの一つ」。私は、この表現を耳にするとやはり背中がムズムズして「使いたくない」と思ってしまうのですが、この使い方はやはり間違いなのか。

 明鏡国語辞典(大修館書店)には、「最も」の語義として「程度がこの上なく甚だしいさま。いちばん」が挙げられ、語法のところに「『最も偉大な作家の一人』など、『最も…』を一つに限らない言い方は、英語などの最上級表現(He is one of the greatest novelists.)の翻訳からきて一般化したもの」(『明鏡国語辞典 第二版』)という記述がありました。
 しかし、日本国語大辞典(小学館、JK)には、「程度のはなはだしいさま」という語義が記載されており、その最初に「非常に。とりわけ。たいそう。他をこえて。他のすべてにまさって」とあり、一つとは断定できないような感じです(ただし文例は、19世紀のものが1件ありましたが、ほとんどは11~13世紀のものでした)。
 G検索では「違和感がある」「迂闊に使えない」「ただし近年使用が増えてきているようだ」などの記述が散見されました。

 近年の「もっとも~なものの一つ」は、明鏡さんの仰るとおり、翻訳の訳語からきていると考えるのが自然のように思います。
 翻訳では、「もっとも~なものの」の部分をどう工夫するかという方向に行くことが多いのですが、「one of the 最上級 + 複数形」について考えたあとでは、「そもそも『の一つ』必要?」という考えが起こってきます。もちろん前後の部分も考慮する必要があるでしょうが、たとえば「最高の部類に属する」とか「最有力候補に数えられる」とか「屈指の~だ」のような「の一つ」を使わない訳し方も可能ではないかと思えてきます。


 最後に「最*」について。
 色々調べている途中で、さきのさんが(上述のスレッドの中で)「『最』ではじまる語彙を研究社大和英で引いてみる(和英辞典を英語で読む国語辞典として使う)といったあたりも糸口になるかもしれません」と提案してくださいました。
 そうやって調べてみて気になったのは、さきのさんも仰っていた「最安値」でした。lowest price ever、an all-time low、a new lowといった訳語が示されていました。その「a」や「an」に目を引かれたのです。「最安値」は誰が見ても同じ一つの数字なのですよね。それに対し、「最悪」「最善」「最大」「最高」などは、何というか境界が曖昧であるような気がします。評価なので、多少の主観も混じるというか。ですから、頂いたコメントのように、「最上級の一つ」と「程度の甚だしい複数」の両方の意味をもち得ると心に留めておいた方がよいのではないかと思いました。どちらであるかは、これもまた文脈によると言えるのでしょうが、確認のさい、「何と置換可能か」と考えるようにするとよいのかもしれません。


 結局「コメントで言われたことがすべてじゃん」という話なのですが、自分なりに調べてみましたので、記事立てしておくことにしました。
 チェック案件ということもあり、日本語の中だけでこねくり回そうとした、ということもあるのですよね。「原文にはどう書かれているのか」――どんなに急いでいようと、納得のいくよいものにしたければ、まずはそこから始めるべきということも、最後に自戒のために文字にしておきます。
NEXT Entry
JTFセミナー「文学作品を味わう」
NEW Topics
「改めて考えよう、翻訳に必要な力」
JTFセミナー「文学作品を味わう」
One of 最上級 + 複数形と最悪について
オンライン勉強会・その後
「文芸翻訳のツボ&出版翻訳の現在」(越前敏弥)
「パンクチュエーションを読む・訳す」(深井裕美子)
「ニュース翻訳、基本のき」(松丸さとみ)
「ノンフィクション出版翻訳の素晴らしき世界」(児島修)
Comment
Re: タイトルなし
天翔る龍さん、こちらこそご無沙汰です~。「one of the 最上級 + 複数形」問題、よく耳にしますよね。それくらい(私のように)機械的に「もっとも○○なXXのひとつ」と訳そうとしてモヤッとする方が多いということなのではないかと。記事にも書いたとおり、この記事を書こうと思ったきっかけはTwitterでの井口さんとのやり取りだったのですが、元ネタ、このブログ記事に関するやり取り、井口さんの一人考察のいずれのツイートもとてもためになると思いますので、リンクのURLを置いておきますね(直リンクにしていません。頭にhttps://をつけて検索してみてくださいませ)。

twitter.com/sayok9011/status/1305510248430497793

twitter.com/sayok9011/status/1305069247710687233

twitter.com/BuckeyeTechDoc/status/1305589264239878146
Sayoさん、ご無沙汰してます。今さらの拝読ですみませんが、ご投稿ありがとうございます。

この種の問題について数年前に某セミナーで聴いたことを思い出しました。その対策をここで固め直せたと思います。特に『表現のための実践ロイヤル英文法』の説明は心強いですね。(← Sayoさんがお持ちとどこかで伺ったのをなぜか覚えていたせいか、遅ればせながら先月のKindleキャンペーンで購入。買ってよかった...!)

ちなみに、ついさっき聴いたラジオ講座で「Some of the world's biggest IT companies ...」という文が出てきました。この訳文は「世界最大級のIT企業の中には...したところがあります」となってます(NHKラジオ「実践ビジネス英語」2020年9月号テキストより)。
Re: 素晴らしい考察を有難うございます!
鍵付き**さま、コメントありがとうございます!

one of the 最上級+複数形って、学校では習わなかったわりに(←ともかく私の時代は…)仕事でお目にかかることが多いですよね。今回、『ロイヤル英文法』様が仰るとおり、日本人が「最上級」という言葉の語感から受け取るより少しマイルドな表現のことが多いのかもしれないと思いました。まず英語の意味をきちっと押さえることも大事ですね。井口さんがご自分のスレで「~ほどの…は…そういない」という否定表現も可能だと書かれていて(文脈にもよると思いますが)、色々調べたあとだったので「おお~、それもできるか-!」と素直に感動しました。
実際は時間との戦いもあったりして、心ゆくまで考えるということができない場合も多いですが、「こうも言える」「ああも言えるかも」と考えるのは楽しいですよね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Sayo

Author:Sayo
医療機器の和訳も9年目。
老眼腰痛、最近は膝痛とも闘いつつ
翻訳人生をまっとうしようと奮闘中。
この頃になってやっと翻訳の奥深さ・
難しさ・楽しさが分かってきたような。
記事は「翻訳一般」多め、ときどき読書感想文、本業(医療機器)やや少な目。
(2019年4月現在)

Counter
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR