屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

筋金入りに機械音痴でアナログな人間です。

そんな私が、何を血迷ってPCとインターネットがなければ生きていけない、こんな仕事をやっているんだろう。しかも、メインは工業分野の翻訳だし。

・・・とはいえ、この仕事をしている以上、そんなことばかりも言っておれないので、本を読んで多少は勉強したり、マニュアルやトラブルシューティングの本を手元に置いたりはしているのですが、日々、「正常に動いてね」と祈りながらPCに向かうSayoです。
たぶん、死ぬまで苦手(&嫌い)意識が消えることはないでしょう。

一応、(古い子ちゃんなんですけど)バックアップマシンもあって、定期的にバックアップはしていますし、仕事をしている時は、毎日メモリスティックにデータも落としているんですが、今使っているWindow 7機は、個人的に結構使い勝手がよく気に入っているので、突然死んでほしくないのよね。

とか思っていたら、今日(つかもう昨日ですけど)、Service Pack 1のインストールに(勝手に)失敗して、(勝手に)立ち上がらなくなってしまったのでした。正確には、インストールは成功したのですが、インストールを有効にするための再起動中に「構成に失敗してしもた」とかで、悪びれる様子も見せず「以前の構成に戻してますんでね~♪」表示がしばらく続いた後、(何の断りもなく)シャットダウンされるという状態になってしまったのでした。何度やってみても、同じです。
こういう時に限って仕事があったりするのよね(世の中とはそういうものです<不惑もとうに過ぎましたので、そのへんは悟ってます)。

セーフモードで立ち上げてみる手もあったんですが、その後どうなるかが不安。
できれば、インストール前の状態に戻したいけれど、どうすればよいかよく分からない。
ということで、サービスセンターに電話するという、いつもの手段に出るSayoです。
相手が「ヒト」だと何となく安心するのよね(お年寄りの気持ちがよく分かる)。
10分弱電話口で待たされましたが、まあ、そんなことはよくあることです。

状況を伝え、step by stepでシステム復元操作を教えて頂きまして、
無事、インストール前の状態を復元し、PCを立ち上げることができました。

まだ、「更新プログラム」の「利用可能な重要な更新プログラム」中には、ソイツ(Service Pack 1)がおるんですが、お仕事が終わってからもう一度対処しようと、とりあえず、見て見ぬ振りをしています。サービスセンターの方には、「次はWindowsのダウンロードセンターからダウンロード/インストールをやってみてくださいね」と言われていますので、そのようにしてみようと思います。駄目だったら、またその時に考えます(次はWindowsのupgradeセンターとかに電話してそうな気がする)。

「そういう不具合の報告はないようですね」とのことでしたが、後で少しばかりググってみましたら、同じような状況で泣かれた方も、少なからずおられるようでした(その対処方法や状況発生のpossibleな理由については、私には難しすぎるものが多かったのですが)。
ちなみに、旦那は、「ウイルス撃退ソフトが悪い」と断言していますが、彼は全ての不具合・誤動作をウイルス撃退ソフトのせいにしてしまうという悪い癖がありますので(でもって、PCを直してくれる訳ではありません<ていうか、大停電とか同時多発テロとか母急逝とか、そもそも大事な時に彼は必ずいない)、その発言は、割り引いて聞く必要があります。まあ、頭の片隅には置いておきます。

というわけなので、連休が明けましたら、また、小さな胸をドキドキさせながら再インストールに再挑戦しないといけないSayoなのでした。

だからPCは嫌いなんだよっ。
(<で、アナタが翻訳なさっている分野はなんだしたっけ?<自分)

SayoのBackgroundについては「はじめに」カテゴリの記事をご参照ください。
2011.07.17 00:30 | 分類不能 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示