屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

とは、仕事のこない日々です。

10年近くこの仕事をやってきて今更?と呆れられそうなのですが、何年やっても、やっぱり、仕事のない日々がある一定期間(個人的にはだいたい10日~2週間ほどです)以上続くと、「もうこのままずっと仕事が来ないんじゃないか」という不安が襲ってきます。

もちろん、知識を増やす以外の、翻訳支援ソフト導入の検討とか、PC環境の整備とか、営業活動とか、「仕事を頂けそうな努力をする」ことを(だいたいにおいて)怠ってはいますし、処理枚数を少な目に申告していることもありますから、使う側からすれば「がっつり仕事を頼んでも大丈夫か」的不安があるには違いなく、この「仕事がこない」と悶々する原因の一端は自分自身にもあることは自覚しておりますが、でも、やっぱり不安は不安なのよね。

最近は、短納期少量案件(自分の中では、出来上がりベースで和訳20枚程度まで、英訳10枚程度までのものが「少量案件」に該当します<特に深い意味はありません)3~4日おき、といういつものペースが復活してきましたが(まだ油断はできないけど)、実は、4月中旬以降は、ぱたっと依頼が止まってしまって、「ひと月に1回5~6日だけ稼動」的な悲しい状態が2ヵ月以上続いてしまっていたのでした。
そんなに続いたのは、2009年夏~秋にかけて「もうこのまま廃業しようかしらん」と半ば本気で考えた頃(リーマンショックの影響?)以来だったので、正直ちょっと辛かっりしたのでした(色々ばたばたしていて助かった部分も、実際ありましたけど)。

「仕事がこない日々」は、充電と勉強の時間、と捉えるようにはしていますけど、あまり長く続くと、ふと依頼の電話を待っている自分に気づいて自己嫌悪に陥ったり、「今日もどこからも連絡なかった」とがっくりしたり、「実は大きな失策をしでかしたんじゃないかしらん」と根拠のない(まあ、後から気付く小さな訳出ミスはけっこうやらかしましたが)不安に苛まれたり、と精神衛生上も、あまりよろしくありません。

気分転換だったり勉強することだったりと、人によって対処の仕方は違うと思うのですが、とにかく、そういう不安とうまく付き合っていくことも大事だよなあ、と改めて思ったりしたのでした。 
あとは、それまでちょっと忙しい日々が続きましたので、恥ずかしい話ですが、そうやって「少し大きな仕事を任される」状態を常態と勘違いしてしまって、ちょっと偉く(?)なったような気分になっていたのですね。だがしかし。小さなお仕事(たまに少し大き目のお仕事)を実直にこなすのが、ここ数年の自分本来の姿だったはず。ちょっと頭を冷やすことができたのでした(はず)。
ついでに、「やっつけ仕事」とまでは言いませんが、忙しさを言い訳に、一部チェックが少し甘くなってしまっていたのも事実だったので、そこは反省致しました。

・・・という感じで、ちょっと色々考えたり反省したりした2ヵ月でありました。

新しい翻訳会社さんにも登録できたことだし、また初心に戻って頑張ります(←その決意、いつまで続くことやら・・・<取敢えず、目の前の仕事ひとつずつ、ですな)。

え? Service Pack 1のその後ですか(ひとつ前の記事参照)?
まだそのまま「利用可能な更新プログラム」中に放置してます。
やだな~、やらなきゃ駄目だよな~、誰かやってくれないかな~。
・・・来週再挑戦します(多分)。


SayoのBackgroundについては「はじめに」カテゴリの記事をご参照ください。
2011.07.20 16:41 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(2) |

nobaraさん、まいどです~。

こうやって、うじうじ悩めるということも、家族の生活がかかってない者(老後資金貯蓄の一端は担っているけど)の甘えだとは思うんですが。

>例年6、7月ってけっこう暇で、

私も、過去の仕事は全部記録しているハズなんですが・・・その動向には気づきませんでした。この個人的回復基調がこのまま続いてくれることを祈ります。

数年前よりは、おろおろ度も減りましたし、時間できたら「こうこうこういう順番で、コレを勉強して」といったことも、多少は計画的にできるようになりましたけど、でも、やっぱり、仕事がこない時期ってのは、幾つになっても(?)不安です~。

でも、ヒトって、こうやって逞しくなっていくのね(また言葉選びを間違った気がするなあ…)

2011.07.21 11:12 URL | Sayo@屋根裏 #RwF7odmQ [ 編集 ]

> 少し大きな仕事を任されると、ちょっと偉くなったような気分になって・・・

わかりますー。忙しくなると、ひょっとしてわたしって売れっ子??などと、ついつい舞い上がってしまって、勘違いの日々を過ごしてしまいそうになります(^^;)

釈迦に説法で申し訳ないのですが、時期的なものもあるのかもと思いますよ。わたしはシステム手帳の月間スケジュールに仕事の記録をつけていて、過ぎた年のものも捨てずに置いているのですが、見返すと例年6、7月ってけっこう暇で、今年も比較的のんびりしていましたので、今の時期って暇なのかもと思います(でも、そろそろバタバタしだした・・・)。局所的個人的なものかもしれませんが。

ポッカリ空いた時間の使い方、難しいですよね。わたしも持てあまします。この時間を使いこなせるようになって、初めてプロと言えるのかもしれません。

いろいろゴチャゴチャと失礼いたしました。それでは!

2011.07.21 00:21 URL | nobara #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示