屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

はるか昔。
まだOLをやっていた頃のこと(そんな時代もあったわけです)。

小所帯の支社勤務でしたので、あれもこれも、色んなお仕事をちょっとずつ、広く浅くかじらなければならない、そんな毎日でした。
そのお仕事のひとつにヘルプデスクというのがありまして。
製品に関する質問や苦情を受け付け、機器障害の場合は、同じフロアのお隣さんだった保守サービス会社に転送し、苦情は営業につなぎ、操作や表示内容に関する質問に返答するという、こう書いてしまうと難しそうですが、20年以上前のこととて、製品もそう複雑なものではなく、慣れてしまえば、たいていの場合はどうということのない(たまにお客様に怒られましたけど)お仕事です。
その業務に付随して、ヘルプデスクの月次報告書作成というお仕事があり、これは、私を含む、4名ほどの平社員が持ち回りで担当していました。大規模障害の内容の報告とその月の質問の傾向のまとめが中心です。

その月次報告書の1st draftを作成し、上司の承認を貰いに行くのですが、1発OKが出たことはまずなく、必ず1箇所2箇所つっこまれ、「自分の分からないことは書かない」「担当者レベル用語は使わない」と差し戻されるのが常だったのでした。

確かに、特に機器障害については、内容も対策も(保守サービス会社の担当者に取材するのですけど)難しくてよく理解できないことも多く、報告書作成の締切りが迫ってくると、ついつい、「ま、いっか」ととりあえず聞いたままを書くことも多かったのです。でも、そうやって中途半端な理解で書いた文章というのは、確かに、あとで読み直してみると、自分でもよく分からなかったりするのです。書いた自分が分からんもんは、他人には分からんわなあ。
担当者レベル用語というのは、ヘルプデスク(と一部営業&保守サービス担当者)内だけで通じる略語や隠語です。他部署に回る月次報告書には、もちろん使わないのが基本なのですが、普段馴染んでいる言葉ですので、何の気なしに使ってしまっていたりするのです。

この上司の下で働いた5年の間に、社内報告書の書き方の基本(読み手を意識し、読み手が理解できるように書くということ)を叩き込んで頂いたような気がします。


そうやって身体に馴染んだ感のある「分からないことは書かない」ですが、よく考えてみれば、翻訳にも通じるところがあるわけで。普段ソレと意識することはないのですが、翻訳作業をする上でのベースになっているような気がします。

たとえば和訳の場合。
書いてある内容が理解できなくても、辞書に訳語も掲載されていて、文法的にもそう難解ではなくて、何となく訳せてしまう文章ってあります。たとえば、定訳のある試験の手法についての文章とか。
でも、その手法について、たとえ表面的にせよ理解できていなければ、前後の文章がしっくりこなかったり、選択する動詞が適切ではなかったり、ということが往々にしてあるのです。あ、とりあえず、コレ、自分の場合ですが。
そういう時って、知識をお持ちの読み手さんが一読すると、「間違ってはないけど、分からんと訳しとるな、コイツ」ということが透けて見えるような文章になっているのでしょうねえ、きっと。なので、訳文には直接現れない部分も理解してから、訳文を作るように心掛けています。
とはいえ、納期との兼ね合いもあって、特にタイトな案件の場合は、調べものにもどこかでキリをつけなければならなくて、悩ましいところです。

たとえば英訳の場合
意味不明な日本語の文章に出くわすことも少なくはなく。そうでなくとも、いくつも並ぶ形容詞の相互関係が不明だったり、「Aであり、Bであり、Cである」という文章のAとBの関係は、実は「しかし」でつながる逆説じゃないのか、なんてことは日常茶飯事(最近は和訳が多いので、ある意味平和な毎日です)。
調べた結果、疑問が解決することもありますが(たとえば形容詞の掛かりとか)、個人的には、英訳の方が、原稿作成者の意図(真意)が分からなければ先に進めない、つまり、調査だけではどうしようもない場合が多いような気がします(というか、そういう英訳に当たる自分が不運なんだろうか)。そういう時でも、英文としてとりあえず意味をなす文章にしなければならないわけで。
そんな時は、前後の文章や全体の流れや調べた結果から、「たぶんこういうことが言いたいんやろ」とまず(時にはかなり強引に)自分的結論を下し、文章を解体・再構成します。そういう箇所には、念入りに「こう解釈してこう訳しました」とコメントを付けますけど。もちろん、完全な見当違いの理解だったというフィードバックを頂いて、赤面することもありますが。
これも、「分からないことは書かない」とつながっているような気がします。


ということで、Sayoは、今日も、一見簡単そうに見えたのに、実は落とし穴が掘ってあった英文を理解すべく、Googleの樹海をさまようのでありました(で、ちょっと気分転換に来てみたりなんかしてみたりなんかしました)。


最後になりましたが。
その、報告書に厳しかった上司ですけれど。
決して、苦手で仲が悪かった訳ではないです。
冗談を言い合ったりもして(普段はフランク)、うまくやっていたと思います。

バルセロナ五輪の200メートル平泳ぎで、当時14歳の岩崎恭子さんが金メダルをとった次の朝には、「ごめん、一生懸命岩崎恭子ちゃんを応援して疲れたんで、寝過ごしてしもた」と「遅刻します」コールを掛けてくるなど、お茶目な方でもありました(ちなみに、他の多くの社員も、頑張って恭子ちゃんを応援しましたが、皆、這って定時に出勤しています、ご参考まで)。
そうして、ご本人は、「いや~、感動したよね~」と扇子をぱたぱたさせながら、悪びれる様子もなく(部長の前では多少悪びれてましたけど、部長も苦笑いしてました<平和な時代と職場です)重役出勤され、応援し疲れた私たちがへろへろで息も絶え絶えに働く横で、涼しげにお仕事をこなされるのでありました。
それもまた、懐かしい思い出です。


SayoのBackgroundについては「はじめに」カテゴリの記事をご参照ください。
2011.08.12 13:37 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示