屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

日曜日に、父の入所している特養の夏祭りがありました。

「老人ホームで夏祭り?」
と驚かれることもありますが、家族を施設に預けている方にお聞きすると、結構たくさんの施設で、この「祭り」(たいていは夏祭り)なるものが開催されているようなのでした。

父の施設では、この他にも、豆まき、お花見(お天気&気候次第)、七夕、敬老の日、クリスマス、餅つき等のイベントがありますが、これらは、基本入所者のみのイベントで(その時に面会に行くと歓迎して頂けますけど)、家族も参加する、施設を挙げてのイベントは、この夏祭りのみです。非番のスタッフさんも総出のイベントになるので、そうそう年に何度も開催するわけにはいかないんでしょうね。準備後片付けも大変だし。

入所後2回は駐車場で、3回目の昨年は、増床工事中で駐車場が使えなかったので屋上に大きなテントを張っての開催でした。増床棟が完成した今年は、また駐車場に戻っての開催です。

特に大したことをするわけではなく、飲んで食べてスタッフさんの余興を楽しんで、という感じの1時間半です。地区の夏祭りのミニ版ですね。
入所者の方は(父も含めて)殆どが車椅子常用者ですから、途中から参加して途中で部屋へ戻ってという感じで、最初から最後までお祭りに参加される方の方が稀です(このお天気ですから、熱中症の心配もしなければなりませんしね)。

父も、ミニ稲荷寿司、焼きそば、ミニフランクフルト、かき氷などを少しずつ頂いて(この他に、たこ焼き、そうめんなどもあったようです)、40分程で部屋に戻らせて頂きました。

数少ない発語のひとつ「もう終わり」(「わしゃ疲れたので部屋に帰って寝る」の代用のようです<あらゆるシチュエーションで使っています)が一度も出なかったので、推測ですが、父も楽しかったんじゃないかと思います(つか、食べ足りなかったかもね<一度ひどくむせてしまい、その後は、怖くてあまり食べさせることができなかったので)。

父をはじめ、周りで何が行なわれているか理解できていない入所者さんも多いと思うのですが、それでも、「何か分からんけど盛り上がっている」感&ちょっと非日常な出来事は、きっと脳にとってよい刺激なんだろうなと思います。

スタッフの皆さん、ご苦労様でした。
来年もこんな感じで参加できればよいですなあ。


SayoのBackgroundについては「はじめに」カテゴリの記事をご参照ください。
2011.08.30 23:28 | 両親のこと | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示