屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

今年は、最後に恒例の「振り返り」をやって締めようと思っていましたが、
やはりこの件には言及しておかなければ。


ご本人の挨拶全文はこちら↓
http://www.kansai-u.ac.jp/sports/message/machida/2014/12/post_26.html

過去数年間でもっとも疲弊したフィギュアスケート全日本選手権でした。
ワタクシ的には納期タイトな大型案件を抱えて、男子SP・FPの一部以外は動画様のお世話になりまして、未見の選手も多いので、選手権全体に対する感想は控えます。

さて、表題。
SayoのAll Time Favoritesは、ブラウニング、ヤグディン、佐藤有香、G&Gなど、もう引退して久しい選手たちなのですが、最近の現役選手の中では、高橋、鈴木、町田の3選手が(勝手に)ご贔屓でした。鈴木選手の引退は予定通り、高橋選手の引退もほぼ予想されたものでしたが、町田選手の場合は、電撃的引退宣言。ここ1~2年で引退だろうとは考えていましたし、FP後のインタビューを聞いて、今季で引退だろうと確信しましたが、まさか世界選手権も辞退とは。

しかも、高橋、鈴木両選手の滑りは、ショー(のTV放映)で見ることができますが、町田選手は学業優先で博士課程への進学も視野に入れているということなので、その滑り見ることは難しくなると思います。引退後は、振付けをしながら、アイスショーで、その独特の作品を見ることになるのかなと思っていただけに、「らしい」セカンドキャリアの選択とは思いましたが、昨夜は放心状態で、過去の動画を見まくってしまいました(<仕事ダイジョブか<自分)。

FP滑走後の解説で、本田コーチが、「(コンビネーションを失敗したがリカバリーしなかったため)コンビネーションが1つしか入ってないので、点が抑えられてくるでしょう」的なことを仰っていましたが、後半には(素人目ですが)コンビネーションジャンプにできそうなものもありました。その1つのジャンプで小塚選手との順位は入れ替わったと思います。それをしなかったのは、ミルズ師と作り上げた理想の第九のまま最後まで滑ろうと決めていたからなのかなと、今にして思いました。

誰にも、連盟にも告げずの発表だったようでしたが、引退「会見」後は連盟ともきちんと話をしたようで、以下で、強化部長の談話を読むことができます。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/figureskate/all/1415/columndtl/
201412290001-spnavi

ユニークな語録で知られ、「我が道を行く」的なところもあり、引退会見も「好きなようにやったな~」という印象がないでもないですが、不思議と爽快感を感じます。それは、「我が道を行く」ことによるリスクとベネフィット、そうすることで負うべき責任、生じるかもしれない非難の言葉にきちんと立ち向かう用意ができていることが、その言動から感じられる選手だったからかもしれません。それにしても、小塚選手の「最後の最後に爆弾投下、樹らしい」というコメントには思わず笑ってしまいました。

今年のFPは小塚選手、町田選手と2選手の滑りが続き、あくまで個人的な感想ですが、Effortlessに滑る小塚選手の足捌き(?)に対し、町田選手の滑りそのものは、努力の伝わる滑りで、正直あまり綺麗だったとは言えません。それでも、「伝えたい」という気持ちが伝わってくる演技でした。

大学院ではスポーツマネジメントを専攻されるとか。
そういえば、ソチ五輪の後も、昨季の世界選手権の後も、大会運営に関する意見を口にしていて、そんな日本選手は初めてでしたから、驚いた記憶があります。選手でありながら、中からも外からもフィギュアスケートを見ようとしていた、その意味でもユニークな選手でした。どの方向から、スポーツマネジメントを攻めるのかにも興味が湧きます。

寂しくなりますが、新たな道に幸多かれと祈ります。


というわけで、「屋根裏通信」は年内あと1回更新の予定(ですが、新年にずれ込む可能性大)。
2014.12.29 12:45 | フィギュアスケート(14-15 season~)  | トラックバック(-) | コメント(0) |
取りあえず仕事は納品した後でしたが、
もてなす側の法事&実家の片付けに悩殺され、
男子シングル以外は、今年もNHKさんの動画をお借りする
慌ただしい観戦となりました。
エキシビションはお楽しみにとってあります。

充実のNHK動画サイトさんはコチラ↓
http://www.nhk.or.jp/figure/movies/index.html
エレメンツ内容も確認でき、Under-rotated Jumpには、ぐさっと「<」マークが、Downgraded Jumpにはぐさぐさっと「<<」マークが刺さっているという優れもの(?)です。今年から「(樋口)豊の部屋」から「(織田)信成の部屋」へと世代交代が進んだらしい選手インタビューも楽しいです。時間のある方もない方も是非。

Hanyu選手については、今回の出場、そしてもう一度ファイナルで滑ることが、(身体への負担という意味で)本人の今後のスケート人生、引いては人生にどのように影響するのか分かりません(が、正直20の頃の自分は「その後の人生」のことなんか全然考えてなかったし、「まず今を」という気持ちもよく分かります)。慢性的な負傷の状態に至らないことを祈ります。ただ、身体や調子の本当のところは、本人や周囲の人間にしか分からないと思いますので、出場の決断については、責任を取れない遠い外野の人間(の一部)が「正しい」「正しくない」という言い方で是非を口にするのには少し疑問を感じました。今回の結果を、本人は「練習不足のせいではない」と言っていたようですが、曲を掛けての練習の時間が不足していたのは事実であろうと思います(ジャンプって本当に繊細なものなのですね。6分間練習では跳べていたのに)。ファイナルまで2週間。身体に負荷を掛け過ぎることなく(・・・というのはなかなか難しいのでしょうねえ)、調子を上げてほしいです。

Mura選手は、やはりプレッシャーありましたか。優勝が掛かった状態での最終滑走は初めてだったそうですね。今年は「表現しよう」という気持ちが強く感じられて、今大会ジャンプミスはあったものの、やはり去年までとは違うように感じます。ファイナルでは、きっと、よい演技を2本揃えてくれると。

そしてMurakami選手。暫く前にアメリカから日本に競技の場(という表現でいいんでしょうか)を移したこと、Jr.時代に世界Jr.で小塚選手の通訳を務めたこと、1昨年のNHK杯を途中棄権したことは知っていましたが、正直、ここまでの演技をする選手とは思っていませんでした。そして、暫く前から、Mura、Machida、Murakamiの3選手がトップ選手を追う「3M」と呼ばれていたことも知りませんでした。ごめんなちゃい。素晴らしい演技でしたね。ただ、今年はGPシリーズは1戦のみの出場で、ファイナル進出は関係ない、その意味ではノープレッシャーな状態で演技ができたと思いますが、今後はじわじわと周囲の期待を感じるようになるでしょう。真価が問われるのはこれからと思います。頑張ってほしいです。と、おばさんは、表彰式でもらい泣き。

そんなMurakami選手のTeam USA時代(2006年世界Jr.)の画像です。スクロールして頂くと、小塚選手通訳ショットやP・チャン選手とのショットもあります。また、ページを繰って頂くと(Next pageへ)、Jr時代のまだ初々しいデイビス&ホワイト組やバーチュー&モイヤ組のショットもあったりします。お暇な方はどうぞ↓
http://www.usfigureskating.org/event_related_details.asp?ri=content%2Fevents%2F200506%2Fworldjunior%2Fpics%2Fpics7.htm

Sayoを放置すると、このまま延々語り続けると思いますので、自主規制し、TVでLIVE観戦した男子フリー(の日本人選手)に絞ってのコメントとしました。
若い選手たちの頑張りからエネルギーを貰い、また明日から、風呂場修理代を稼ぐべく頑張るSayoなのだった(寒い冬に懐も寒いぜ~)。
2014.11.30 23:01 | フィギュアスケート(14-15 season~)  | トラックバック(-) | コメント(0) |
「フィギュアスケート」カテゴリに入れていますが、
「翻訳」カテゴリとどちらにしようか悩みました。

アスリートや芸術家の考え方や行動や立居振舞いには
どうしても「翻訳とも通じるところあるよね」センサが作動するのよね。

スケートカナダ終了。
地上波放送は夜中だったので、今回も動画様のお世話になり、
日本人選手を中心に視聴しました。
ホント、ありがたい世の中になったものです(しみじみ)。

女子シングルは宮原選手が3位入賞。
昨年よりずい分大人になったな~という印象です。FPの「ミス・サイゴン」については、安定感抜群のような気がする。ただ、素人目には、ジャンプの高さが低く感じられるものが少しあって(その分高速回転なんですが)、老婆心ながら、回転不足と判定されないかとちょっと心配しました。

本郷選手のFP「カルメン」は顔立ちも派手目の彼女にあっているなあという印象です。GPシリーズ初出場(だよね?)でこの滑りは立派かと。

男子シングル小塚選手は、FPの順位と点数を先に知ってしまったので、恐る恐る動画を視聴しました。確かにジャンプはパンクが多かったのですが、ステップの複雑さやスピードには目を見張るものがありました。故障の影響なのか振付師が変わったことが影響しているのか他に理由があるのか分かりませんが、今後頑張ってほしい。だっていいプログラムなんだもの。
あくまで主観ですが、小塚選手はいつも淡々といていて、滑っている時もどこか客観的で「入り込む」ことがないような気がします。コミカルな動作にも、どうしても「言われた通りに頑張ってます」という一生懸命さを感じてしまう。そんなところも含めて、彼の滑りをNobleだなあと思うのかもしれないのですけど、そこを「超えた」演技も一度見てみたいな~と思うのでした。

そして、男子シングルでは無良選手が優勝。
シーズン全体を通しての結果を見てみないと何とも言えませんが、変わった、というか変わろうとしているのが感じられたような気がします。これまでは、「豪快なジャンプの人」という印象があって、本人もそれをウリにしているような感じだったのですが、今年のプログラムでは、それ以外の様々な部分に気を配り向上させようとしている印象を受けました。SPの「カルメン」もFPの「オペラ座の怪人」も(蛇足ながら、今季は「オペラ座の怪人」祭! な各選手のプログラムであります)、どちらもイメージに合ったプログラムと思います。キスクラでの男泣きが印象的でした。

そして、ここで、いつものようにセンサが作動するSayoなのだった。

五輪年である昨年、無良選手は、今一つ滑りが安定せず、五輪出場は叶いませんでした。恐らく、その時の悔しい気持ちが「今」に繋がっているのでしょう。昨年の町田選手もそうでしたが、自分の気持ちが変われば、結果も変わるのだということを示してくれたと思います。

以下、あくまでも勝手な想像です。

昨季は、(それまでの)世間的な評価でいえば、たぶん同等と見られていた町田選手の快進撃を見て、きっと悔しかったことでしょう。でも、無良選手が一番腹を立てたのは、ここぞという時に力を発揮できない不甲斐ない自分自身ではなかったかと思います。「そんな自分が変わらなければ何も変わらない」→「何をどう変えればいいのか」→(実行)→「スケカナFPパーソナルベスト」という流れではなかったかと想像します。ライバルより上にいきたいという気持ちではなく、それまでの自分を変えたい、変えなければ何も変わらないという強い思いが、今回の演技に繋がったのではないかと。あくまで想像ですが。

何かを求めて努力する時、「あんな風になりたい」「あの人を超えたい」を目標として設定するのは容易だし、よくあることだと思います。私自身も、過去にそのように思ったことあるし。でも、自分の外に目標を設定してしまうと、うまくいかなかった時の言訳も楽であるような気がします。「だって、私はあの人とは違うのだから(できなくて当たり前)」
だから、踏み越えて(?)いくべきは過去の自分であり、今の自分であり、そのためにはどうすればいいのかを、よく考えることが大切ではないかと思うのです。私は、そこに到達するまで40数年もかかってしまったのですけれど、まあ、そんな風に考えるようになったってことでよしとしましょう(←例によって自分に甘々なのだった)。
2014.11.04 13:41 | フィギュアスケート(14-15 season~)  | トラックバック(-) | コメント(0) |
GPシリーズ初戦、スケートアメリカが終わりました。
町田選手、2連覇達成おめでとうございます!

仕事も追込みだったので、概ね動画様にお世話になりましたが、
主だった選手のプログラムは、堪能させて頂きました。
何と便利な世の中になったことでしょう。

昨年のスケアメ後も
こんなに立派になって、おばさんは嬉しいよ
的な記事を書いていますね。

「必殺仕事人」(注:「必殺仕事人」というタイトルではありません)だの「エアギター」(注:「エアギター」というタイトルではありません)だの、楽しいEXナンバーを見せて貰ってから、毎年のプログラムを楽しみにしてきましたが、一昨年までは、「シーズンを通じて良い時悪い時の差が結構激しい」という印象でした。

それが昨年大化けしたのは、皆さんご存知のとおりですね。

他の主だった選手が、ショーや国別対抗で新シーズンのプログラムを披露してきた中、「舞台裏は見せない」主義の彼の新プログラムは、秘密のベールに包まれてきました。10月初旬になってやっと、SPは「ラヴェンダーの咲く庭で」のサントラ、FPは「交響曲第九番」ということが明かされます。

おお、合唱付き第九とな(今シーズンから全てのDisciplinesでヴォーカル入り選曲がOKとなりました)。ということは「観客の皆様も、TVの前の皆様も、PCの前の皆様もご唱和ください」という訳で、年末までに合唱パートを覚えなあかんがな。全日本選手権に向けて何とタイムリーな演目(?)・・・と勝手に妄想が広がる訳です(注:ヴォーカルは有名なさび(?)の部分ではありません<ので少なくともワタクシは歌えません)。

今春のインタビューで、振付師のミルズ氏が「バレエには8つの定まった身体のポジションがあるのですが、その身体の動かし方を彼に学んでもらおうと思っているのです」(World Figure Skating No.63)と語っていましたので、今季のプログラムに、そのような動作がどう生かされるのかも楽しみにしていました。

SPでもFPでも、随所にそのような動きが見られましたが、FPは、個人的には「一生懸命難しいことをしているようだが、全体が雑」という印象でした。前に滑ったのが、滑りの美しさにいつも見とれてしまうアボットさんだったので余計そう感じたのかもしれません。
ただ、翌日のEXの「エデンの東」では、滑らかな美しい動きで滑っていましたので、これは恐らく滑り込み&スタミナ不足によるものであろうと思います。Sayoには難しいことは分かりませんが、本人も言っているとおり、それだけ難易度の高いプログラムなのでしょう。プログラム自体は盛り上げ方も含めて、私は結構好きです。シーズン最後に、是非「120%」のものを見せてもらいたいと思います。

彼のことは、数年前から折に触れてチェックしてきましたが、正直、ここまでの選手になるとは思いませんでした(ごめんね)。これまで、日本を代表する男子選手は、10代の頃から大きな国際大会でそれなりの戦績を残してきた選手が殆どだったと思います。20歳を過ぎてからでも大きく成長できるということを示したという点でも、後輩たちの大きな励みになるのではと思います。

余談。
ジェレミー・アボット
昨シーズンで引退したと思っていましたが、現役続けておられるようです。個人的には、1つの大会で、2本クリーンなプログラムを滑ったことがないという印象があるのですが(今回もFPで崩れた)、ジャンプで転ぼうがポップしようが、その滑りには思わず魅入ってしまいます。足捌き(?)とか、だんだん師匠(佐藤有香さん)に似てきたなー。ショーなどであと10年くらいずっと見続けたい選手です。

今井遥
優雅で可憐でふわっとしている(マシュマロ系<という言葉しか浮かばない語彙の貧弱なSayoなのだった)という印象があったのですが、今年のSPは、そんな自分や周りの固定観念を覆そうとしているプログラムという印象を受けました。残念ながら成績は残せませんでしたが、まだまだこれからですので、頑張ってほしいです。

女子の村上、宮原、今井の3選手には、「今季からは自分たちが日本女子を引張らなければ」という自覚が芽生えたように思えます。浅田選手にはもう一度戻ってきてほしいな~、というのが本音ですが、彼女が休養することが、日本女子チームの底上げに繋がるのであれば、それはそれで嬉しいかな~とも思うのでした。

カワグチ&スミルノフ
2位に大差をつけての優勝。でも、TV放送がないのよ~。やはり優勝した前哨戦のSP(タイスの瞑想曲)の動画がうっとりするほど美しかったし、FPではスロー4回転に成功したと聞きましたので、Facebookで「動画が見たいの、見たいの、見たいのよ~」と叫んだら、お友達が教えてくれました。本当に、持つべきものは、スケオタ同業者です。

どうぞ皆様もご堪能ください。
SP https://www.youtube.com/watch?v=4H-kw6onVos
FP https://www.youtube.com/watch?v=JwoJAfhwMGo
EX https://www.youtube.com/watch?v=tYyXK-nd3-k

そして今年も季節性フィギュアスケートブログと化そうとしている屋根裏なのだった。
2014.10.28 22:27 | フィギュアスケート(14-15 season~)  | トラックバック(-) | コメント(0) |

*検索に掛かりにくくするため、DISK又は「彼」表記としています

「やっぱり・・・」というのが正直な感想です。
昨季で引退かなと思っていたので。
(世界選手権を棄権したことで、気持ちが中途半端になり
「休養」宣言に至った部分もあったのではと想像しています)

競技用のプログラムをもう少し見たかったですが、仕方ないですね。
掛ける言葉は、やはり「お疲れさま、ありがとう」でしょうか。


始めて滑りを見たのは10年以上前。
GPシリーズ初参戦のラリック杯のSPで、諸先輩を差し置いて(?)
いきなり2位のスコアを出してしまったため、FPで最終滑走Gに入り、
いかにも心細げな表情をしていたのが印象的でした。
(・・・のように記憶していますが、微妙に間違っているかもしれません)

以後、引退までの足跡については、TV報道でもう皆さんご存知と思います。
ワタクシもTVやYou Tubeで堪能させて頂きましたわ。
(おかげで仕事にならなかったさ<それは自分が悪いという説もある)

私は先駆けとなったいう意味で本田コーチを高く評価しているのですが
(上から目線ですいません)
「日本にはタケシがいる」という感じで、諸外国のトップ選手たちからは
あくまでの「自分たちの一人」として遇されていたような気がします。
(それまでを考えれば、それはそれで凄いことだと思いますが)

そのrespected rivalry(?)を一段引き上げ、国内はもちろん海外の若手選手からも
「憧れの選手」として名指しされるようになったのがDISK選手だったと思います。

初めて、毎季、新しいプログラムを心待ちにした日本人選手でした。
(それまでもそういう選手はいましたが、すべて外国人選手だったので)

今回の引退発言(だから「発現」じゃないって<My PC)を受けて、
過去のプログラムをいくつか再視聴しました。
(本当に便利な世の中になったものです)

「白鳥」や「オペラ座の怪人」など、怪我をする前のプログラムは
確かに素晴らしいものですが、改めて見直してみると、
どこか鋭角な硬い感じがしました。
(同一振付師さんですし、曲調もあって、そういう振付なのかもしれませんが)

それが、昨季の「ソナチネ」や「ビートルズメドレー」では、
もっと緩急のついた上下動の大きなまろやかな動きになっていました。
(あくまで素人が「綺麗だねえ」と見ている感想です<念のため)

それは怪我のせいかもしれませんし(柔軟性を高めた)、
本人が実年齢も精神的にも成長した証しかもしれませんし、
・・・無意識のうちに、自分を取り巻く人や環境などへの感謝の気持ちも
表れているのかもしれません。

本当に長い間頑張ってきたなと思いますし、
怪我を含め辛いことも苦しいことも多々あったとは思いますが
28歳という、大卒新入社員なら中堅に差し掛かろうかという年齢まで、
この競技を続けられたことは、本当に幸せなことだったと思います。
もちろん、本人の頑張りだったり、「助けたい」と思わせる人柄だったりが、
それを可能にしたのでしょうけど。

これからはショーに出演しながらも、フィギュアスケートという世界からは
少し距離を置いて過ごしたいとのこと。
これからの人生に幸多かれと祈ります。
(・・・という祝電を昔ようけ打ったなー)

One and Only - Daisuke Takahashi
(Misha Ge選手のTwitterのメッセージをお借りしました)
2014.10.15 19:46 | フィギュアスケート(14-15 season~)  | トラックバック(-) | コメント(0) |