屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。


なんか、翻訳のいい話を想像してくださった方はごめんなさい。

「悲嘆の門」(宮部みゆき)の読書感想文というか、心に残った部分を取り出したらこうなったというか。
途中で、「苦手系」と気づいたので、後半はストーリーを追いながら、流しました。
こうやって、ストーリーを追う読み方をするから、自分の中に「使える語彙」がたまっていかないのかもしれません。

「苦手系」というのは、異世界(と行ったりきたり)ものです。
異世界ファンタジーすべてが苦手ということではなく、あくまで「宮部作品の中では」ということです。
(個人的な好みです、念のため)。

蛇足ですが、若い頃は、ファンタジーが好きでよく読んでました。
レイモンド・E・フィーストのリフトウォーサーガ(岩原明子訳)とか、アン・マキャフリィのパーンの竜騎士シリーズ(小尾芙紗訳)とか、ロビン・マッキンリィの「青い剣」(渡辺南都子訳)とか。
特に、フィーストの「魔術師の帝国」とマッキンリィの「青い剣」は、それぞれ、少年、少女の成長譚としても秀逸な内容だったと思います。てことで、今も手元にあります。

閑話休題。

「悲嘆の門」でしたね。

ネット社会の暗闇を抉るのか? みたいな感じで始まったのが、背中に翼を生やし大鎌を手にしたガーゴイルが現われたあたりから、どんどん現実離れしてしまって、ちょっとついていけませんでした(というのは、シツコいようですが個人的な感想です)。最後まで社会派ミステリとして読んでみたかったです。重い話になりそうですが。

現実の世界に異能者が登場したり(「クロスファイヤ」「魔術はささやく」「蒲生邸事件」など)、時代ものに妖怪や呪術者が登場したり(「荒神」「三島屋シリーズ」など)というお話は、ダイジョブ、というか好きなんですけどねー。おそらく、前者は、異能者が現実の枠組みの中で生きているから、後者は、そもそも昔の話なので「そういうこと」が起きてもおかしく思わないからだと思います。というわけで、現実世界と異世界が渾然一体となった感のある「悲嘆の門」は、個人的には苦手です。

そうは言っても、最後まで読ませてしまうのは、宮部さんの筆力のなせる技かと。随所に「こんなん思いつかんわ」という、ハッとさせられるような独特の表現があり、本当に上手いなあと思います。


タイトルは、サイバーパトロールのアルバイトをする主人公の大学生とアルバイト先の会社の女社長との会話に出てくる言葉。
本筋と関係あるような...それほどないような...くだりなのですが(駆け足で読みましたもので...)、言葉に係わる仕事をする者としてもひとりの人間としても、心に留めて置くべき内容なのではないかという気がしましたので、少し長くなりますが、引用しておきます。

以下、「悲嘆の門」(上)125~127頁より引用

 社長は頬杖をついてちょっと目を凝らした。
「よろずに攻撃的な人っているでしょ」
「炎上を起こすのが好きだとかですか」
「そこまでいかなくても、たとえば映画評とか芸能人の品定めでもいいけど、正鵠を射てはいるんだけど辛辣だったり、何でもかんでも批判するばっかりだったり」

(中略)

「わたしの友達にもいるの。本人はすごく常識的な人で、仕事もできるし家庭も円満。それでもやっぱりストレスは溜まるでしょ。それを、ネット上でキツい発言をして発散しているというのよ」
 大いにありそうな話だ。
「ネット人格は現実の自分とは違う。きちんと切り離しているから、ネット上ではどんなキツいことやえげつないこと、現実の生活では口にできないようなことを書き込んだって大丈夫よって、彼女は笑ってる。そういうネットの使い方は、確かにあると思う」
 孝太郎はうなずいた。
「でも、わたしはそれ、間違いだと思うの」
 言葉は残るから、と言った。
「わたしの友達みたいなスタンスでいろいろ書き込んでる人は、自分は言葉を発信してるだけだと思ってる。匿名なんだし、遠くへ投げて、それっきり。誰かの目にとまったとしても一時的なものだって。それはとんでもない勘違いよ」
「ネットに発信した情報は、ほとんどの場合、どこかに残りますからね」
「いいえ、そういう意味じゃない」
 きっぱりと否定された。
「書き込んだ言葉は、どんな些細な片言隻句(へんげんせっく)でさえ、発信されると同時に、その人の内部にも残る。わたしが言ってるのは、そういう意味。つまり<蓄積する>」
 言葉は消えない。
「女性タレントの誰々なんか氏ね[Sayo注:「死ね」の意]。そう書き込んだ本人は、その日のストレスを、虫の好かない女性タレントの悪口を書いて発散しただけだと思ってる。でも、<氏ね>という言葉は、書き手のなかに残る。そう書いてかまわない、書いてやろうという感情と一緒に」
 そして、それは溜まってゆく。
「溜まり、積もった言葉の重みは、いつかその発信者自身を変えてゆく。言葉はそういうものなの。どんな形で発信しようと、本人と切り離すことなんか絶対にできない。本人に影響を与えずにはおかない。どれほどハンドルネームを使い分けようと、巧妙に正体を隠そうと、ほかの誰でもない発信者自身は、それが自分だって知ってる。誰も自分自身から逃げることはできないのよ」
関連記事
2018.06.27 23:57 | 和書・洋書 | トラックバック(-) | コメント(0) |

「大阪でもレッスン」招致事務局臨時スタッフのSayoです。
以下、事務局からの連絡です。

1 懇親会について

本日、「述語から読む・訳す」にお申込み頂いた方宛てに、招致事務局から懇親会の案内を送らせて頂きました。
お申込み頂いた方で、「メールが届いていないよ」という方は、osaka-lesson@studiokoala.com までご連絡ください。

人数を確定する必要がありますので、メールに書かれた期日までに出欠のお返事をお願い致します。
また、出席を予定されていた方が、急用や体調不良などで出席できなくなった場合は、キャンセル期日までにご連絡ください。
それ以降に連絡を頂いた場合は、キャンセル料金が発生します。
懇親会参加費は、当日受付でお支払いください。
(キャンセル料金が発生した方には、後日、事務局の方から連絡いたします)


2 事前の予習について

今回、現時点で、翻訳フォーラム様から、事前配付資料があるとの連絡はいただいておりません。

なので、手ぶらで来ていただいて問題ないかと思いますが、若干の予習をしてきていただけると、当日のお話の内容がさらによくお分かりいただけるのではないかと思います。
私自身が、何の準備もなくスゴいセミナーに出席すると、「よかったー!!!」とセミナー・ハイになり(いや、何でも「ハイ」を付ければいいってもんじゃないのはよく分かってますが)、「よかった」ことだけが記憶に残ってしまい、結局身につくものは少なかった、ということが過去に多々ありましたので、まあ、老婆心とお考えくださいませ(←実際、そこそこ年だけはとってる)。

高橋さきのさんの仰ることは、「翻訳の基本」ともいえる大事なことだと思うのですが、難しいです。そしてさきのさんは、熱が入るにつれて早口になります。ノート取りは...難しいかも。
そこに、深井さんが「さきのさん、待って」「これってコレコレのことだよね」と合いの手を入れてくださって、私たちが拝聴したことを整理する時間を作ってくださいます。
そして、高橋聡さんは、常に私たちの様子に目を配り、必要に応じてヘルプに入ってくださいます。
「述語から読む・訳す」は、そんな風に、フォーラムの3人の方々の絶妙なチームワークで成り立っているのです。

...話が逸れましたね(屋根裏では日常茶飯事)。
事務局では、そんな、内容的にも進め方的にも素晴らしいレッスンから、ご出席の皆さんに少しでも多くのものを持ち帰っていただきたいと考えています。

ということで、お時間に余裕がありましたら、以下の記事や書籍に目を通してきていただけましたら幸いです。
(雑誌記事や書籍で、お買い求め頂かなければならないものもあります。お手元にない場合は、JTFジャーナルだけでも目を通していただければと思います)。

* JTFジャーナル2016年11/12号 「続・翻訳者のための作戦会議室」(第4回、P18-19) 「翻訳とはなにか~足元を見直そう~」
* JTFジャーナル2017年11/12号 「続・翻訳者のための作戦会議室」(第9回、P14-15) 「述語から読む・訳す」
  JTF会員でない方も、ログインIDを取得することで、PDF版を読むことができます。私も非会員ですので、そのようにしてJTFジャーナルを読んでいます。

* 翻訳事典2018年度版(アルク) 「プロに必要な日本語力はどうしたら身につくか」(P56-57)

* 「翻訳のレッスン」 レッスン4 訳文づくりと日本語の「読み・書き」(高橋さきのさんパート、P134-176)


残念ながらご参加いただけない方も(ワークショップ形式で行うこともあり、あまり多くの募集人数を設定することができませんでした。ご容赦ください)、興味が湧かれましたら、目を通してみていただければと思います。
関連記事
2018.06.11 13:30 | 大阪でもレッスン2018・跡地 | トラックバック(-) | コメント(0) |
第4回勉強会、終了。
今回は、前回要約したパラグラフの中から4パラグラフを選んで翻訳したものを持ち寄ってアレコレ吟味する回です。

この勉強会を始める前に、「量を読み、きちんと読み、理解し、訳す」ことを本会の目標にしようと決めました。
4回目にしてやっと、そこに1歩近づけたような気がします。
それができたということではなく、それがどういうことなのかを参加者全員が理解し始めた、という意味で。

「読み、理解し、訳す」と書いてしまうと、ごく当り前のことのように思えますが、それを「きちんと」意識しながらやるのは、実は意外に難しい。勉強会に参加するようになってから、「丁寧に読んだと思っていた」「読めたつもりでいた」ことがいかに多いかに気づき、愕然としている今日この頃です。

提出タイミング的に、シンポジウムのレポートをまとめた直後に訳出作業をすることになり、「きれつづき」やら「流れ」やらを意識しながら訳しました。
自分では、決して悪い訳ではないと思っていましたが(それが慢心なのでしょう)、勉強会で叩かれてみると、自分がいかに文法をきちんと解釈せず力業で訳そうとしていたかや、その結果、ときに「勝手訳」の領域に足を突っ込んでしまっていたかが分かり、恥ずかしい思いで一杯です。そして、もう一度読み返してみれば、訳出時に「ここ貰ったぜー」と思った訳語は、やはり、訳文の中で、嫌な感じに自己主張し、「どうだ」感ハンパなかったのでした。訳しているときも、見直しのときも、目が曇っていたようですが、自分が一度「しめしめ」と思ったものを否定するのは、さまざまな意味で本当に難しいですね。「解が得られた」という安心感も手伝ったのかもしれません。

ですが、「きちんと読めていない」「雰囲気で訳した」のは、多かれ少なかれ他のメンバーも同様で、管理人さんの講評は、開口一番、「...皆さん、なかなか自由ですね(僕も含めて)」でした。
そこから、その日は、文法から解釈に向かう、という流れで、1パラグラフずつ訳文を検討しました。4パラグラフは、1回の量としては適切な量だったと思います。

「まずは、文の構造、前置詞、単複など基本的なことを読み落とさないようにきちんと読み、段落内、段落間のつながりを意識する」という基本的なことを失念せず、同時に、そのどれかにだけ囚われないようにする、というのが、今の自分が一番注意すべき点でしょうか。その上で、著者が「こういう風に」伝えたかったものを、日本語読者が求める形にぴったり落とし込むところまで行くことができれば理想なのでしょうが、果たしてワタクシにそんな日は訪れるのだろうか...と考えると、比喩ではなく気が遠くなりそうです。
...が、気を取り直し(立ち直りは超早い)、手近の「一番注意すべき点」に日々留意しながら取り組んでいこうと思います。まずは「きちんと読み、理解し、訳す」、そこからですね。


勉強会では、「明日から即役に立つ」という内容は少ないような気がします(それぞれが持ち寄った推薦本を見せ合い、夜にはついついポチっとしてしまうという意味での「すぐ役に立つ」はありますが)。「こんな場合はこう訳す」的なTipsを得られることもまずありません(たまにいきなりやってきて、「メモメモ」ということはある)。
もちろん、すべての勉強会がそうだということはないと思いますが、4回続けてきて、ここは「さまざまなことを踏み込んで考えるきっかけを与えてくれる場」であり、「読み方、訳し方」を自分なりに考え、メンバーとのやり取りの中で修正し、また試し...を繰り返す場のように感じています。少なくとも、私にとってはそんな感じ。極端な無理をすることなく、大事に続けていくことができればと思っています。

次回は新たな課題の要約。
前回の要約は、量が多すぎて(40パラグラフ)読みがいい加減(やっつけ)になってしまった反省を踏まえ、今回の要約は、思い切って8パラグラフまで減らしてみました。少なすぎれば、また増やすことになるでしょう。勉強会もワタクシも日々試行錯誤です。
関連記事
2018.06.09 18:27 | 勉強会 | トラックバック(-) | コメント(0) |

シンポジウム終了後、本来なら緊縮財政で財布の紐を締めてかからなければならないところですが、シンポジウム・ハイで気が大きくなってしまったらしく、主に「ヲタクじゃないけどサブカル講座」で紹介された書籍をAmazonさんで注文してしまいました。仕事ではまず関係はないのですが、今後、勉強会で必要になるかもしれないし。
しばらく粗食で我慢します。


まずは、「シンポジウム2018参考資料一覧」で紹介されたものから。


「英語ライティングルールブック」(デイヴィッド・セイン、DHC、2011年第2版)
句読点(パンクチュエーション)についてかなりのページを割いているとのことでしたが、本当にそう。きちんと読もうと思います。

「なんでもわかるキリスト教大事典」(八木谷涼子、朝日文庫、2012年)
「キリスト教とは何ぞや」について丁寧に解説した本です。各派の比較対照表や用語表現集、参考文献リストもあり、索引もかなり充実しています。問題は、老眼にはなかなか厳しいポイント数の箇所が多いということ。内容には関係ないですが、年を取ってくると、そこはなかなか大事です。

「シェイクスピア名言集」(小田島雄志、岩波ジュニア新書、1985年)
原文付き。その台詞が口にされる場面の説明のあとに、小田島さんの個人的な感想も書かれていて、気楽に読める1冊です。ワタクシのように、「シェイクスピアは全部忘れました」な人間にはちょうどよさそうです。


マザーグースについては、家のどこかにあるかもしれないので「まずは発掘調査」と書きましたが、なかなか発掘が進まないので、2冊ほど注文しました。

「よりぬきマザーグース」(谷川俊太郎 訳、鷲津名都江 編、岩波書店 2000年、原詩・解説付き)
「マザー・グースの唄―イギリスの伝承童謡 」(平野 敬一  中公新書、1971年)
まずはこの2冊を読んでみて、必要があれば、もう少し詳しい内容のものに手を広げていこうかなと思っています。
鷲津名都江さんの肩書は「児童文学研究者」となっていますが、一定年齢以上の方には「小鳩くるみさん」と言った方が分かりやすいかもしれません(しみじみ)。


以下は自宅にあるもの。何かの参考になれば。

*聖書
King James VersionをEPWingで検索することができます。

帽子屋さんが、2年ほど前に、1913年版のWebster辞書のEPWing版を紹介する、「1913年版のWebster辞書」という記事を書いておられますが ↓ 、参照先のページからEPWing版の聖書も入手することができます。
http://baldhatter.txt-nifty.com/misc/2016/06/1913webster-2d7.html(帽子屋さんの記事)
http://maximilk.web.fc2.com/index_en.html#web(参照先ページ)

この記事を拝読したあと、Websterとともに、いちおー聖書もDLしました。
...その後、一度も使用していませんが...
今日、試みに少し試してみました。今のところ、全文検索でAND検索する以外の有用な使い方が分かりませんが、とりあえず、EPWingデータも手に入るよ、ということで。

「聖書に由来する英語慣用句の辞典」(小野経男編、大修館書店、2011年)
やはり2年前、某翻訳学校のノンフィクション・マスターコースを受講していたときに購入したもの。そのときは出番はありませんでしたが。
「キリスト教大事典」が「キリスト教に関する知識を得るための事典」であるとするなら、こちらは、名言集に近いものです。収録語数は多くありませんが、フレーズ、聖書の中でのもともとの意味、慣用句として用いられた場合の意味の順に記載されていて、その後に出典(英日併記)と用例(小説や雑誌記事中での使われ方、英日併記)が記載されています。どちらかと言えば、これも読みもの的。目次や索引がないのが難。

「More Than a Carpenter」(Josh McDowell, 1971)
ワタクシは9.11の頃アメリカにいたのですが、テロ後、よくも悪くもキリスト教が米国市民を一致団結させるさまを目のあたりにし、キリスト教についてもっと知りたくなりました。そこで、当時英会話を習っていた先生(敬虔なカトリック信者)に「キリスト教入門書的な本はありませんか」と聞いたところ、「この本を読みなさい」と頂いたのが、この「More Than a Carpenter」。中身はほとんど忘れてしまったのですが、この本を読んで初めて「三位一体」を「ナルホド」と理解できたことを覚えています。
Amazonで調べてみたところ、2009年に、息子さんとの共著で新版が出ているようです。ワタクシの持っている1971年版は128ページですが、新版は179ページとなっていて、かなり加筆されているようです。


*パンクチュエーション
「The Ready Reference Handbook」(Jack Dodds, 1998)
これもアメリカにいた頃、Community CollegeのESLの授業の副読本として買わされたもの。特にPunctuationの部分には、その後本当にお世話になりました。
2005年の第4版が最後で、今では入手できないようです...ていうか、まずは上述の「英語ライティングルールブック」かなと思うのですが、昔とてもお世話になりましたのでひと言ご紹介。
関連記事
2018.06.05 22:39 | 辞書・参考書 | トラックバック(-) | コメント(0) |

シンポジウムの感想(というか一番心に残っていること)は人それぞれだと思うんです。
どんな分野の翻訳をしているかはもちろん、翻訳の道程のどこにいるか(学習中なのか、仕事を始めて日が浅いのか、ある程度経験を積んだのか)によっても、今抱えている悩みによっても違うと思います。

今、少し時間を置いて思い返してみると、一番最初に思い浮かぶのは、I口さんの自動運転訳(「自動運転」でここまでいくんやな、タメイキ...みたいな感じ)、そして、サブカル発表中のT橋あさんの幸せそうなお顔(...が思い浮かぶのがちとナゾ)、それからトレーシングペーパー(←これは自分でも割りと納得)です。

そのとき自分の心に響いたことを大切なこととして取り込むのは正しいと思う。それは、自分を感動させたものであり、そこから得るものは果てしなく大きいものに違いないから。

それでも、自分が「一番感動したこと」を切り取らず、すべてをレポートするのは、「行けなかった人にも伝えたい」という気持ちのほかに、「シンポジウムのストーリーを伝えたい」という気持ちがあるからのような気がします。一つのテーマに沿って、何名もの方が入れ替わり発表する翻訳フォーラムのシンポジウム。「なぜその順番なのか」ということがきっとあると思うんです。

「文の構造、段落の構造」では、きれつづきは翻訳にとってどういう意味があるのかという概論(T橋ささん)と、概論が聴講者の頭の中に染み込みやすくしてくれる具体例(T橋あさん、I口さん)。
「2018年辞書最新情報」は、海野さんの辞書の紹介という大事な場ではありましたが、若干リラックスして聞くことができましたので、第1講のクールダウンも兼ねていたような気がします。
きれつづきについて、皆何となく分かってきたなというところで、「パンクチュエーション101」(F井さん)で、英語の(きれつづきに関連する)記号をどう読みどう訳すかについての講義。
続く「今こそ学ぶ!先達の翻訳論」(H野さん)は、きれつづきと直接関係はないようにも感じますが、最後に、(きれつづきも含めて)「原文の絵と訳文の絵を一致させる」という翻訳フォーラムの提唱は先達の延長線上にあるものともいえる、というところに着地します。
「ヲタクじゃないけどサブカル講座」(T橋あさん)は、実用的で楽しい息抜きとも言えるかもしれません。
「コヒージョンを考える」(S復さん)は、結束性という少し違った観点からきれつづきを考えるものでした。
そして最後の「さようならブチブチ文~文章の『きれつづき』」(T橋ささん)は、具体例も含めた壮大なまとめで、最終的に「なぜ翻訳にとってきれつづきが大事なのか」というところに帰結したような気がします。

これが、私が考え抜いた末に「こうじゃないか」と辿り着いたシンポジウムのストーリーです。
もちろん間違っている可能性は大ですが、講義の中で、I口さんも「考えた上での失敗は次につながる」と仰ってくださっています(文脈全然違うけどな)。

こんな風に「ストーリーを考える」という作業は、翻訳に似ていないでしょうか。
原文の書き手が「こう伝えたい」ということがあるとすれば、セミナーやシンポジウムにも「こう伝えたい(こう伝えるのが一番よく伝わる)」というストーリーがあると思うのです。少なくとも、きちんとした目的を持つよく練られたセミナーやシンポジウムであれば。
であれば、「すごいセミナーを受けた」と思った場合は、受け手も、ストーリーごと内容を受け取る努力をするべきなのではないかというのが、最近の私の考えです。
たとえ、具体例が満載の内容であったとしても、「その人は『なぜ』その話をするのか」を考えることが深い理解につながるのではないかと思っています。
(それを自分の仕事に反映させられないところが、Sayoの限界なのだった)

白状しますと、今回、一番まとめに難儀したのは「今こそ学ぶ!先達の翻訳論」でした。決してH野さんの発表が分かりにくかったということではありません。そこは誤解のないようにお願いします。
それでも、なんとかまとめることができたのは、途中までとはいえ柳父章さんの著書を読んでいたからだと思います。
ただ、メモがかなり乱れていて、「柳父さんの提唱内容」「山岡さんの提唱内容」「H野さんの考えたこと」をきちんと切り分けることが困難でした。というわけで、難儀したのは、ひとえに私の理解力の不足とメモ取り失敗によるものです。

というわけで、この発表についていろいろ調べる中で行き当たったのが、山岡洋一さんの「翻訳の過去・現在・未来」という文章です。
以前にもざっと読んだことがあるのですが、そのときの私には今以上に力がなかったようで、記憶からも抜け落ちていました。
今回は、しみじみと読みましたので、最後に紹介しておきます。
http://honyaku-tsushin.net/ron/bn/kakogenzai.html

シンポジウムのレポートはこれが最後です。
読んでくださった皆さま、ありがとうございました。

関連記事
2018.05.31 15:52 | 翻訳祭・フォーラムetc.報告(2016-) | トラックバック(-) | コメント(2) |