屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。


「水遣りを放棄したのに、花は届けられた(山口ミルコ) 」
2018年2月1日付け朝日新聞朝刊

これだけでは、分かりづらいかなと思いますので、「ことば」に続く鷲田さんの解説も記載しておきます。

***引用ここから***
退社してすぐガンが発覚し、闘病生活に入った編集者。肩書はなくなり、髪も貯金も急減し、ついに何者でもなくなると心細い思いでいた時、以前担当していた作家から仕上がった小説が届く。心底情熱を傾けたものは、途中で降りることになっても必ず誰かが後を継いでくれる。「欠席、可」。そう思い定めると、以後何ごとにもビクビクしなくなったと言う。「毛のない生活」から。
***引用ここまで***

少し検索してみると、この方が、バリバリの社内編集者だったのが、フリーランスとして独立し「さあ、これから」というときに病気を宣告されたのだということが分かります。
「毛のない生活」は、抗がん剤治療中に考えたことを綴った1冊らしい。

本を読んだらまた違う感想を抱くと思うのですが、私が「折々のことば」を読んで思ったのは、「水を遣る」ことの大切さ。
勝手に、もっと年配の方だと思い違いし(たぶん「何者でもなくなる」「肩書はなくなり」の部分から)、定年に近い年齢で退社しガンと分かり、自分の今後の人生設計やIdentityを根こそぎ持っていかれた(と感じた)のではないかと想像したのですよね。自分と世間をつなぐものはもうなく、世間はこのまま、何もできない自分を忘れ去っていく(と私が勝手に想像を膨らませているだけですよ、もちろん<念のため)。そんなとき届いた完成本を手にとって、「自分のことを思ってくれる人がいる」と安心する。

...でも、たぶん、本当は「情熱を傾けていたものは、それを見ていた人が後を継いでいいものにしてくれる → 今はあせらなくてもいいんや → 『欠席、可』」という流れなのかなと思います(書籍を読んでみないと分かりませんが)。

てことで、私の一読しての解釈はたぶん間違っていると思うのですが、いずれにしても、「それでも花が届く」という結果になったのは、著者が普段からしっかり「水遣り」を欠かさなかったからではないかと思うのです。花が届いたのも、途中で降りても後を継いでくれる人がいたのも、そこまで手厚く水を遣り続けていたから。育てようとしたものは、水遣りを辞めざるを得ない結果になってしまったときには、すでにしっかり根を張っていたのではないかと。

では、この仕事での「水遣り」は何だろう、とついつい考えてしまったりするわけです。因果な性格です。
いろいろ考えたのですが、結局は「常に顧客にとってのベストを考えながらきちんとした仕事をやり続ける」ことに尽きるのかな、という結論になりました、とりあえず。地味ですが「やり続ける」て結構ムツカしいと思うのですよね。そういう実績を積み、さらにその仕事を好きでやっていることが伝わってこそ、「あの人なら」という信頼を得ることができ、何らかの事情で自分にそれができなくなっても、たとえば、復帰を待って貰えたり、「この仕事はこの翻訳者がこういう姿勢でやってきた仕事です」として仕事自体も守られていくかもしれない。もちろん、それで「はいそうですか」と相手を納得させられるだけの仕事をしていなければならないわけですが。あと、そうであってほしいという願望、かなり入ってます。
そう言って貰えるよう、日々せっせと「水遣り」を続けたいと思うのでした。

もとネタから限りなく離れてしまいましたが、いつものことなので大目に見ていただけるとありがたいかなと。
関連記事
2018.02.01 22:40 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |
強烈な寒波の中、寒波より若干暖かい酷寒の屋根裏でぬくぬくしていたい誘惑を振り切って出動。
「誰も教えてくれない翻訳チェック ~翻訳者にとっての翻訳チェックとは?~」(Terry S藤さん<て伏せ字になってないし)

ジツはワタクシは、以前同じテーマのセミナーに出席しています→
http://sayo0911.blog103.fc2.com/blog-entry-495.html
再確認したい部分などありましたので、再度お話を伺ってきました。
S木さんの「翻訳ストレッチ」もそうですが、初回「おおっ」と思ったセミナーは、2回目にも何らかの発見があります。

とはいえ、(微修正(?)の入った発展型ではありますが)基本は同じなので、詳細は ↑ を参照していただければと。

* S藤さんは、品質チェックを、訳文の質のチェックと抜けやミス、仕様不適合などその他のチェックの2種類に分け、前者を翻訳チェック、後者を作業チェックと呼んでおられます。セミナーの対象は主に「作業チェック」の方です。

盛りだくさんの内容で、「こういうやり方がある」というTipsもたくさん紹介されていましたが、やはり、最初に考えるべきは、「なぜ品質(特に作業)チェックなのか」ということではないかと思います。(翻訳を「知らない」読者を含む)誰の目にも分かってしまうケアレスミスをなくすことで、評価され信頼を得て継続的に仕事を獲得することが可能となる。また、ヒューマンエラー撲滅を念頭に置いて使用できる「ケアレスミス発見器」的ツールを適宜使用することで、チェックそのものが省力化・時短でき、その分の時間と労力(とスッキリした頭)を翻訳と翻訳チェックに注ぎ込むことができる ――― そういう好循環に持ち込むこともできるでしょう。「作業品質」と「翻訳品質」は、やはり、翻訳における車の両輪であり、互いが互いを高められるような関係が構築できれば理想なのではないかと思います。

今回、S藤さんが、ご自分の例として示してくださったチェックフローは、よくできているなと感動しましたが(<いや、前もコレ見たんですけど、今回さまざまな「なぜそれをそこで」をお聞きして、しみじみスゴいなーと思ったのでした)、誰にもそのまま当てはまるものではないと思います(実際、S藤さんご自身も、翻訳者モードとチェッカーモードで順番を入れ換えておられるそうです)。最初に皆に向かってなさった6つの質問(前回レポートに記載あり)に対する「自分なりの」答えを吟味しながら、自分にとって「最強の」チェックフローを組んでほしいと考えていらっしゃるのではないかと思います。そして、そのためのTipsをさまざまご紹介くださった、という流れなのかなと。そして、そのTipsは、「そもそも最初からミスを出さないようにするためにはどうすればよいか」という発想に立脚したものなので、(自分が実際に取り入れるかどうかは別として)頷けるものばかりです。


さて、今回は、一昨年の翻訳祭でも配布された「翻訳者の翻訳品質保証マトリックス」、セミナー用の資料と思われる「誰も教えてくれない翻訳チェック ~翻訳者にとっての翻訳チェックを考える~」の他に、「翻訳者のための翻訳チェック入門」という小冊子が配布されました。この最後の資料が、翻訳品質を考える上での最高の教科書になっています(とワタクシには思えました)。この冊子を貰うためだけにも、寒さに打ち震えながら行ってよかったと思いました。

冊子の「はじめに」で、翻訳学校でこうした内容に特化した講座は自分の知る限りないようだが、それは、翻訳者ひとりひとりの(文書や分野も含めた)翻訳環境が大きく異なるためかもしれない、と書いておられます。だからこそ手法そのものより、アプローチの仕方を考えることが重要になってくるのではないかと思います。


今回、新たに、チェック時間の考え方として「翻訳/翻訳チェック工数」という概念についての話がありました。詳細は省きますが、翻訳やチェックの文字/秒の基準時間を算出し、そこから時速や1日処理量を導き出すというものです。なんかムツカシそうな言葉ですが、ざっくり言うと、数値化によって自分の仕事を客観視していることになるのかなと。チェックも含めた「自分が翻訳に要する時間」(自分の処理量)を体感的(←得意)ではなく工数という形で客観的に把握することができれば、「その仕事は品質を落とさずにできる仕事かそうでない仕事か」の判断もしやすくなると思います。


最後に、昨日話題に上がったWildlightですが、ワタクシも、最後のチェックに有難く使わせてもらっています。
翻訳社毎のスタイルガイドの他に、独自のスタイルガイドを指定してくる元クラさんが2~3社あり、「ここは同じだけどここはA社はこう、B社はこう」という小さな違いが結構あって、以前は難儀していたのですが、Wildlightで、クライアント毎の適用辞書を作ってからは、その確認が格段に楽になりました(<自分で作った振りをしていますが、最初はWildlightに精通した諸先輩方にほとんど作って頂きました)。
自動修正するのではなく、ハイライト機能で辞書に掲載されている語句を示し、最終判断はこちらに委ねてくれる点も気に入っています。

...そんなわけで、一昨年の翻訳祭の直後に若干手直ししたMy Checkですが、今回、「教科書」を読んで考えながら、「もっとよいものはできないか」を今一度考えてみたいと思います。Wildlight辞書もちょっと見直しせないかんなー、と思っていたのでこの機会に。


かなり大雑把な報告になってしまいましたが、凍死しそうなので、現場からは以上です。
関連記事
2018.01.27 14:47 | 翻訳祭・フォーラムetc.報告(2016-) | トラックバック(-) | コメント(1) |

前回増刷(?)時の記事はコチラ


あれから1年弱。早すぎる。なんでや?
(まだ3代目の名刺が若干数残っていますが)

考えてみれば、昨年は、東京遠征も含め、(当社比)よく課外活動したのでした。
各回の課外活動でそう多くの名刺交換をしたとは思えないのですが、チリも積もればなんとやらとはよく言ったものです。

特に、MEIのメディカルデバイスデザインコースのネットワーキングランチ/ディナーでかなりの枚数が捌けました。
3代目は「裏書き」付きにしておいてよかったとしみじみ思ったものです(...まあ、そこから話が盛り上がることはあまりなかったですが)。

さて、4代目はどうしようと考えたとき、翻訳祭で話をお聞きしたS田耕太郎先生の言葉が頭に浮かびました。
営業も必要という話から、例として、ご自分の「淡々と事実だけを書いた等身大の自分の略歴」と「若干の売込みも混ぜた『薄化粧した』略歴」を並べて示してくださったのですが、そのときの「嘘はいけないが、薄化粧する(見せ方を意識する)ことは大切」という言葉が(このとおりの言い方ではなかったと思いますが)心に残っていました。

よし、もう少し「薄化粧」してみよう。

そして、これまでいただいた名刺をためつすがめつしながら、どんな情報を裏書きしようかと考え始めたのですが、そのうち、「そのやり方は違うんじゃないか」と思い始めました。
結局は「自分が一番伝えたい情報を(若干「盛って」)記載する」ことが大切なんじゃないか。

...と思ったはいいが、なかなかそれを絞ることができません。おそらく自分の中に、若干の迷いがあるからなのでしょう。いろいろと悩むお年頃なのだよ。
何度も書いては書き直し、校正で上がってきたもの(馴染みの文房具屋さんで作ってもらいます)の変更をお願いし、昨日やっとでき上がってきました。
そんなに悩んで作った名刺なのに、この「...で?(そこがウリなん)」と「...そんなん作ったん?(恥ずかしげもなく)」感はどうだろう。
とはいえ、可愛い名刺であります(世間では、できの悪い子(?)ほど可愛いと申しますし)。
運悪く手にとってしまわれた方は、裏返して「ぷぷっ」と吹き出さず(あるいは「そんなの書く価値ないやろ」という冷たい感想は心の中だけに留め)、平静を装って受け取っていただければ幸甚です(とりあえず、今しばらく3代目を先に捌きますが)。

どんな分野のどの方向(英→日、日→英etc.)の翻訳者なのかという基本情報の他に、

・取扱い領域
・専門知識習得場所
・翻訳に絡む興味のあることをひとつ
・翻訳への基本姿勢

を裏書き。
同業者や翻訳会社以外の方の手に渡ったときにも、「きちんとした仕事ができそうなヤツ(かも)」との印象を与え、若干の興味を持って貰えそうな名刺を目指しました(いや、あくまで当社比なんで...でもって、どちらかといえば「ぷぷっ」な結果かもなのですが...)

ヨロシクね、助けてね、4代目。
関連記事
2018.01.24 22:40 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |

聴了。

医師でライターでもあるGawandeの著作は、以下の3冊を読みました。
読みやすい英語だし、話の展開も上手い。ついつい「もう少し」と読んでしまいます。

「Complications」(2003年 邦訳「予期せぬ瞬間」)
「Better:A Sugreon's Notes on Performance」(2008年 邦訳「医師は最善を尽くしているか――医療現場の常識を変えた11のエピソード 」)
「Being Mortal」(2015年 邦訳「死すべき定め」)

「Being Mortal」の読書感想文はコチラ
「死すべき定め」の読書感想文はコチラ

「Complications」は発売された頃に読んだので、すでに記憶の彼方ですが、たぶん、著者が研修医時代に遭遇した症例やそこから考えたことなどが書かれていたと思います。
次に読んだのが「Being Motal」。これは、邦訳書の副題にもあるとおり「医師は死にゆく人に何ができるのか」について、父親を看取った自身の体験も交えながら考えた、ちょっと覚悟のいる(<若干大げさ)1冊。
「Better」はそのちょうど中間に位置する書籍です。医師としてさまざまな現実に直面し、でも理想は失わず、医師としても一人の人間としても「脂が乗ってきた」時期なのかなと想像します。

だから、「Better」では、「もっとこうしたらよいのに」という思いや情熱が、外へ外へと溢れ出ていくような感じです。
対して、「Being Mortal」は、「こうしていくべきではないのか」という静かな情熱が感じられる作品でした。

どちらがいいとかそういうことではなく、「さまざまな経験を経て、人はこんな風にちょっとずつものごとへの接し方や表出の仕方が変わっていくんやなあ」と少ししみじみしたのでした。まあ、でも、Gawandeさんなんですけど。

で、何でしたっけ、「Better」の話でしたね。

「さまざまな状況でよりよいPerformanceを行うには、医師は何に努めたらよのか」を、副題にあるように、11のエピソードを通して考えていくという内容です。ビジネスや日々の生活に通じるものも感じます。

Gawandeは、知識を得たり技術を向上させたりするより大切なことがあるといい、diligence(勤勉さ)、do it right(正しく行うこと)、ingenuity(工夫)の3つを挙げています。その具体例として11のエピソードが語られます。Do it rightのParticipating in executing prisnorsでは、「薬剤による処刑に医師はどこまで関わることができるか」という、かなり controversial な問題を扱っており、またhow and when to stop (treatments)では、「Being mortal」の萌芽が感じられるなど、考えさせられる部分も多々ありました。

その他の詳しい内容は、「興味の湧かれた方は読んでみてね」(福岡でE田先生も推薦されたみたいだし)と逃げるとして、最後に、「ポジティブに現状から逸脱する」ためには「こうすればいいのでは」と(特にこれから医療を担う医学生に)Gawandeが提案している5 suggestionsを挙げておきます(*書き取りミスしている場合もありますので、項目名以外の部分は割り引いて読んでやってくださいませ)。

1 Ask unscripted questions(筋書きにない質問をする) Just let (patients) know you have a human connection とし、これは対患者のみならず nurses やmedical staff の場合も当てはまるとしています。
2 Don't complain(不平を言わない) 医師が不平を口にするのを聞くことほどdiscourage なことはないとし、ランチやミーティングの場などで、誰かが不平を口にしたら話題を逸らせられるよう、be prepared to have something to be discussed と提案します。
3 Count something(数える) 数えることで問題がより明確になり、改善につながる(only technologial solutions, not punishing people, can eliminate the problem) とし、たとえば、治療によって合併症を併発した患者数など、何でもよいから興味があるもの(こと)の数を数えるよう提案します。
4 Write something(書く) perfect な書きものである必要はないとし、書くことで客観的になり think through problem することができるとしています。また、書くことで自身をlarger world(communityなど)の一部とすることができるとも。
5 Change(変わる) lazy, doubtful skepticsではなく(全部を受け入れろというわけではないが)early adaptorになるべしとし、他人の命がかかっている医療の場では、責任を持ってリスクを負う必要もあると述べています。

1は置くとしても、2~5は、日々の生活態度にも当てはまることだよなと。
Gawandeの視野の広さに驚かされます。

でも、やっぱり「Being Mortal」の方が好きかな-。
関連記事
2018.01.21 23:27 | 和書・洋書 | トラックバック(-) | コメント(0) |

朝日新聞1月15日夕刊
コラム「季節の地図」
必要なこと(柴崎友香)

(トークイベントで「他の人の本も読むのか」と尋ねられ、「もちろん読む。読むのが好きだし、書く時間の何倍も読まないと書けない」と答えると、意外だという声が上がった、という前段を受けて)
「...作家を職業にしたときの矛盾の一つは、ありがたいことに仕事が増えると、本を読む時間が減ってしまうことだ。作家同士でも、ときどきそのことを話す。特に年齢が近い人とは、仕事を少しセーブしてでも読む時間を確保しないと、と肯き合った。本を読むにも体力がいるし、この先どれだけ読めるだろうと、そろそろ考え始めるからだ。
たぶん自分が書く量の何百倍くらい読んでやっと書けるのだと思う(中略)高校で美術の時間に先生が『見て見て見て・・・・・・、ちょっと描いて、また見て見て、十見て、一描け。それでもえがきすぎなぐらいや』と言った。二十五年経っても、それを何度も思い出す」


作家と翻訳者とでは少し違うかもしれないけれど、「書く」ためには、たくさんのものを読み、自分の中に言葉を蓄えていかなければならないのだなとしみじみ思う今日この頃。
結婚してからの20有余年、日本語の少ない環境に放り込まれ(その代わりに英語は読んだから、それなりによしとするかな)、両親の老いに翻弄され、その後は仕事に悩殺されて、(仕事で必要な以外の)本をあまり読んでこなかったことを、今後悔している。50代も半ばをすぎると、長編を読み通す体力が衰え、何より「目」が衰えてくる。耳から届く日本語と、目で味わう日本語は、やはり少し違う、ような気がする。なので、衰えた「目」を労りながら、そして自分の好みに偏らないように気をつけながら、今年は昨年より多くの本を読んでいきたいと思うのだ。



「ストーナー」(ジョン・ウィリアムズ/東江一紀訳)
訳者あとがきに代えて(布施由紀子)
(原書「Stoner」は、1965年の刊だが、一部の愛好家に支持された他は細々と読み継がれるのみで、著者亡きあと、その存在は世間からほぼ忘れ去られていた。ところが、2006年に復刊されると、欧州市場から逆輸入される形で人気に火がつき、本国アメリカでもベストセラーとなった。刊行当時注目されなかったのは、受動的で地味な主人公ストーナー(の一生)が、成功物語を好むアメリカ人に受けなかったためと言われている。あとがきの中に、著者のインタビューの翻訳が引用されている)
「...この小説を読んだ人の多くは、ストーナーがとても悲しい不幸な生涯を送ったと感じるようですが、わたしは、じつに幸福な人生だったと思います。間違いなく、たいていの人よりはよい人生だったはずです。やりたいことをやり、自分のしていることにいくらか適性があり、みずからの仕事が重要であるという認識をいくらか持てたのですから」(331頁)

まだざっと読んだだけなので(図書館で借りたので<やっと購入しました)、もう一度丹念に読んだら、また少し考えも変わってくるかもしれないが、ストーナー自身も、自分の人生を「悪くない人生だった」と考えていたのではないか(そういう記述があったらスイマセン、読み飛ばしてます<「予約のヒトがおるからはよ返して」と言われてあせったのだった)。この年になって、私も、「結局やりたいことをやっている自分はそこそこ幸せ」と思うようになったので、どうしてもそんな風に考えてしまう。
東江一紀さんも、著者の語る「幸福なストーナー」に多少なりとも自分を重ね合わせておられたのではないか。弟子の布施さんに「平凡な男の平凡な日常を淡々と綴った地味な小説なんです。そこがなんとも言えずいいんですよ」と仰ったそうだ。だからこそ訳したいと。布施さんはこうも書いておられる。
「...先生がもっとも共感されていたのは、生きづらさをかかえた不器用な男を見つめる著者のまなざしだったのではないかと思う。精緻な文体で綴られるがゆえに、ストーリーを語る声に温かさがにじむ。東江先生は本書を生涯最後の仕事として選び、その文体に挑まれたのである」(332頁)
「人は誰しも、思うにまかせぬ人生を懸命に生きている。人がひとり生きるのは、それ自体がすごいことなのだ。非凡も平凡も関係ない。がんばれよと、この小説を通じて著者と訳者に励まされたような気持ちになるのは、わたしだけだろうか」(332-333頁)

涙なくしては読めないあとがきで、50代の今になってこの本に出会ってよかったとしみじみ思うのだ。
関連記事
2018.01.17 00:04 | 和書・洋書 | トラックバック(-) | コメント(0) |